2015年09月29日

スーパームーンの同時瞑想の感想

スーパームーンの同時瞑想ありがとうございました。

前日の中秋の名月は,ほぼ満月に近く大きなきれいな月が見えましたが,
満月の夜はあいにくの曇りでした。
でも,雲の切れ間から,瞬間大きな満月が見えました。
少し,感動しました。
翌日は,ほんのちょっぴり欠けていましたが,大きなスーパームーンを見ることができました。きれいでしたね。

この3か月「keiko的、占星術な日々」
のブログを参考に満月や新月の日のムーンウオーターを作って飲んでいます。
私なりにとても心身にフィットしています。
http://www.ks-selection.com/mmb/useto.html


このスーパームーンの日のフルムーンウオーターは,今までと比べてできた直後は辛口でしたが,翌日は,少しまろやかになっていました。



満月の日の気づきを書いてみますね。

「すべては自分から」

人を幸せにしたいなら,まず自分が幸せであること。
自分が幸せの状態であれば,その周波数が自然に周りに伝わっていきます。

しかし,その逆の状態であれば,いくら言葉や行動で幸せにしようと試みても
結果的には,肉体の目で見えている現象ではなく,その時の自分の周波数が周りに伝わっていくということです。

エネルギーは正直ですね。

並ぶ龍.jpg
posted by spica-9 at 21:11| Comment(0) | 満月の同時瞑想

2015年09月28日

固定種とは?

野草と野菜の違いは何?と思うことがありますが,自分なりに
自然に生えている野草を遠い昔から,人間が作ることができるように改良を重ねたものが野菜なのだろうと理解しています。
ではどの程度まで,改良を加えたものが,本来人間にとって有効なのでしょうか?
むつかしすぎるので,追求はしませんが,感覚的には,今市場に多く出回っている野菜は本来の「野菜」から離れているように感じます。


固定種,在来種,交配種F1について
心友Tさんから教えてもらったものです。

種と固定種野菜の農園  月と星
http://tsukitohoshi.wix.com/home  から抜粋
************************************
固定種野菜って何?
農家が昔から自家採種をしながら栽培してきた野菜です。50年ほど前までは,この固定種野菜や在来種がごく一般的に販売されていました。これらの野菜を食べて育った人は,今の野菜は「味がしない」と言います。
一体,野菜に何が起きたのでしょうか。
・・・・・・・・
農家が昔から自家採種をしながら栽培してきた野菜です。自然界の植物として,自然の摂理に沿った種が採れます。50年ほど前までは,この固定種野菜や在来種がごく一般的に栽培され,八百屋さんで売られていました。・・・・・・・・・・
これらの野菜は,種を採って翌年播くと,親と同等の性質を持つ子(作物)が育ちます
・・・・・・・・・・・
野菜の性質はその地域の気候風土の中で,選抜淘汰され,その地域にあった特性で固定化されていきます。・・・・・・・・・・
1960年代後半から,人為的に品種改良された交配種という野菜が出てきました。これは近年,問題になっている「遺伝子組み換え作物」とは違います。
交配種とは,二つの異なる特徴を持つ品種を掛け合わせて作られた雑種第一代(F1)のことです。例えば,形は良いが病気に弱い親と形は悪いが病気に強い親を掛け合わせると,形が良く病気に強い品種が出来ます
・・・・・・・・・・・
**************************************
私たち人間にとって,そして自然の生命の循環や生態系から考えると本当は何がよいのでしょうか?

天使の羽と龍.jpg


posted by spica-9 at 12:44| Comment(0) | 興味ある情報

2015年09月26日

野菜とは?

私は,気まぐれ的に家庭菜園をしていますが,今年は,天候不良と病虫害のためにナスやミニトマトがうまく育ちませんでした。
きゅうりやカボチャは何とか収穫できました。

また,ずっと不思議に思っていたことがあります。
種を取って,翌年蒔きますがなかなかうまくいきません。
これは,知人も同様なことを云っていました。

最近,「固定種」という言葉を聞いて興味を持ちました。

心友の一人である,Tさんに教えてもらいびっくり,そしてなるほどと思った次第です。

Tさんとは不思議なご縁で,「2010年の熊野古道を行く」スピリチュアルツアーの宿で同室になって以来のお付き合いです。
当時,彼女は,金沢に在住で別の仕事をしていたのですが,昨年岡山に引っ越して来て,農業を始めました。
それも,無農薬,無化学肥料,そして,厳密な有機肥料を使った農業です。

私は,無農薬で有機肥料の使用ですが,厳密な意味では有機肥料ではないらしいです。来年からは固定種を使った野菜作りを始めてみようと思っています。

彼女からの簡単な説明を載せてみます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
昔から種取を自分でずっとしてきたものが固定種

固定種で,その地方に根付いたもので種取をしているのが在来種です。
広島で言うと広島菜が代表かな。
昔からの品種は野性味があり,香りや味があると思います。

そして,これからの気候変化がある時代には,強い固定種,在来種がいいと思います。

問題は,F1というタネは,親のいいところ取りをした種なので,
次の年はそのタネはつかえないということです。
そして,変化に弱いです。

つまり,毎年タネを買いつづけなければならないということです。

これに目をつけたのがM社です。
作りやすい種にするときには,放射能もかけますし,色もつけるし,種子消毒もしたりします。

農家さんにとって,生活のことを思うと作りやすく,収量が多いほうがいいということです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
詳細は,ブログの興味ある情報・「固定種」に載せています。
興味ある人はどうぞ。

面白い葉.jpg





posted by spica-9 at 05:04| Comment(0) | きまぐれのら

2015年09月24日

意識の使い方12

意識の使い方12
「食べる」

多くの人たちにとって,「体に良い食べ物」という話題は,大きな関心事の一つだと思います。

魂の乗り物である肉体を健康に保つためには,身体によい食べ物を選択して食べることはとても大切なことです。

身体によい食べ物は,人によっては,または時によっては,同じものではないかもしれません。

しかし,だれにとってもいつでも大事なこと,それは食べ物に対して感謝をしていただくということです。
「ありがとう」や「いただきます」,「おいしい」などの言霊はとても波動の高いものだといわれています。

感謝をしていただくと,自分のからだにとって,その食べ物が最善の働きをしてくれることになります。

また,食べ方もとても大事です。
「ながら食べ」は食べ物の力を半減することになります。

よく言われるように,「テレビを見ながら」のながら食べは,意識が食べ物や食べるという行為から離れているので好ましくないですね。

意識を食べることに集中させることによって,食べ物の味や感触,香りなどが五感を通して感じることができます。それによって体が反応することになります。
それは,体の中での食べ物が栄養となる変化をさらに増強させることにつながります。

料理の仕方も大切です。
愛情をこめて作られた料理はとてもおいしく,波動が高いといわれます。

料理を作る人は,意識を料理に集中させることが大切です。
食べ物に感謝をしながら,そして食べてくださる人たちへの愛をこめながら料理をすることが望ましいです。

これを続けていると,食べ物のそれぞれの良さが活きてくるというか,それぞれが協同しあうというような感じを受けます。
それは,食べ物と意識を通わせるということにつながるのだと思います。

食べることや料理をすること,その時の行為に自分の意識を向けることが,究極は体にとても良いことにつながります。


大きくとらえると「今という瞬間に生きる」ということが「創造する」ことにつながります。

並ぶ龍.jpg
posted by spica-9 at 17:32| Comment(0) | 日記

2015年09月23日

スーパームーン同時瞑想

28日は満月ですね。
スーパームーンです。
また,海外では皆既月食があるようです。
同時にあるということで,エネルギー的にも非常に強いものがあるようです。

また,27日は,中秋の名月です。
中秋の名月が満月と重ならないのも珍しいそうです。

参考「つるちゃんのプラネタリウム」
http://homepage2.nifty.com/turupura/new/2015/new1509_08.html

大きな満月が見えるといいですね。
渡島2.jpg
毎月,満月の夜,
たくさんの方々と
地球とすべての人々,すべての創造物に愛を送る瞑想・祈りをして
います。

私たちが今ここに存在して,生活できるのは,
地球があってからこそですね。
地球は無意識の物体ではなく意識ある存在です。


多くの方と同時に瞑想・祈りをすることでエネルギーが倍増します。

〜〜**〜〜***〜〜**〜〜***〜〜**〜〜**

地球,全人類,全創造物の最善を意図して
愛をおくる瞑想・祈りを行います。
全宇宙に愛を送るととらえても良いです。

瞑想といっても,難しく考えないで,
自分自身が愛の状態になることです。

愛の状態がよくわからない方は,
自分が最高に楽しい時の状態をイメージしてみるといいです。

あなたのいるその場所で,いすにすわっていてもいいし,
畳の上に座られてもいいです。

軽く目を閉じ
そして,軽く背筋を伸ばし,
脚は肩幅に開き,
両手は太ももの上に
軽くおきます。

夜10時から10分間行います。
長くされたい方はそのまま
ご自分の良い時刻までしてください。

ご興味のある方はどなたでも参加できます。
どうぞご参加ください。

スピリチュアルヒーリングサロンスピカ http://www.spica-9.com/

posted by spica-9 at 05:56| Comment(0) | 満月の同時瞑想

2015年09月18日

ごみゼロの町

いつもごみを出す日には,資源を無駄にしているという罪悪感を覚えてしまいます。
ごみのほとんどが過剰包装の容器や紙類です。
なんとかしたいと思って再利用を心がけていますが,へたをするとゴミ屋敷になりそうです。
今日,偶然ネットで,「ごみゼロ」をめざしている街を発見しました。
この町は,包装紙や容器を使用しないために量り売りをしているようです。
興味深い情報があったので,転載してみます。
****************************************
徳島県の山間部に位置する上勝町は,人口約1700人の小さな町だ。「持続可能な地域社会」をテーマに,日本で初めて「ゼロ・ウェイスト宣言」を行い,消却・埋め立ごみをなくす,「ごみゼロ」の理念を10年に渡り町全体に浸透させてきた。町内にはごみ焼却所はなく,ごみ収集車も走っていない。ごみ集積所に住民自らごみを持ち込み,34種類もの分別を行う取組みが浸透し,再資源化達成率が8割となっている。その取組みに全国の地方自治体や海外からも視察に訪れる程,注目を集めている。
詳細は,
http://shikoku.food-stadium.com/headline/856/

上勝町 おすすめ視察場所
http://kamikatsu-tourist.com/shisatsusaki/

***************************************
すすき赤.jpg
posted by spica-9 at 15:10| Comment(0) | 興味ある情報

2015年09月15日

創造のエネルギーを動かすポイント

「過去を癒し,未来のヴィジョンを持って,今に生きる」

私たちは,ともすると過去のことで,いろいろと悔やみ,未来に対して不安と恐れを持って毎日を生きることが多いですね。

これは,今という瞬間に意識をあてていないということになります。
つまり,“今“という瞬間に生きていないということになります。

創造するエネルギーを動かすことのポイントは,今という瞬間・瞬間に生きることだといわれています。
過去や過去世のことで後悔があるならば,それを癒して思い煩うことから解放されることです。また,未来に対して,起きてもいないことで不安になったり,恐れを抱いたりすることを意識して排除することです。
そうして,未来はどうあってほしいかを具体的に,思い浮かべてみることです。

毎日を「過去を癒し,未来のヴィジョンを持って,今に生きる」
これを実践して,自分の人生を創造していきましょう。

マリアのゲート.jpg

posted by spica-9 at 22:10| Comment(0) | 日記

2015年09月12日

日本人が世界を救うとは?

相反する立場の両方を自分が体験すると,両者の気持ちがよくわかるのは,だれも理解できることです。

最近,私はそれを体験しました。相手方の言い分がよくわかるけれども自分の思いもしっかりと伝える。そこからお互いに歩み寄りをして一つの方向を創り出すという体験です。

「日本人が世界を救う」ということが,スピリチュアルな世界では
よく言われていますが,それは今の日本人として生まれてきている多くの人たちが,
たくさんの過去世の中でさまざまな人種・国・身分などを体験してきた魂だからだといわれます。

おそらく五色人もすべて体験しているのではないでしょうか。
それぞれの喜び,悲哀,怒り不安もすべて体験し,わかる魂なのだと思います。

だから,「あなたは私であり,私はあなたである」という,調和から統合,ワンネスへと導くことができる魂なのだと思います。

並ぶ龍.jpg

posted by spica-9 at 17:16| Comment(0) | 日記

2015年09月06日

予知夢?

最近気づいたことがあります。

8月7日に予知夢のようなメッセージをもらいました。
それは「別れの時がきた。」という言葉とともに
「2015〜,2016〜,2017〜」という文字がみえたことです。

この1か月,その意味が分からない状態でしたが,このところ,台風が
いくつも日本に立て続けに来ることで,「これは」と気が付きました。

いよいよ,「最後の審判」,「たてわけ」が始まったということです。
といってもこれはすでに以前から起きていたことで,
これまでに決まった光の道に進む魂はその方向へと進んでいますが,あとの行き先が決まっていなかった魂たちの振り分けがおこなわれるということでしょうか。
いよいよ,この3年間が最後になるのでしょう。

このように書くと恐怖や不安を招きますが,そうではなく,自分の今の意識状態にあった次元へ移行すると表現するとよいかもしれません。

簡単なたとえでいうと,「自分さえよければよいという意識状態の人」は,そういう人たちが創る世界の次元へ,「自分も他者も大事,自然と調和して地球を大切にする意識状態の人」はそういう人たちで創る世界の次元へ移行していくということです。
後者の場合,地球もそのような方向へと進んでいるので今の地球と共に移行です。

その過程がソフトに行くことを望みますが,世界や日本国内をみると,光と影が少しずつクッキリと浮かび上がってきています。

全員で後者の次元へと移行したいものですが,これを分けているのは,ほかの誰でもない,自分自身であることを自覚することが大切です。
自分自身の意識状態が進む道を選んでいるにすぎないのです。

私が思うには,ある日突然その世界に行くというのではなく,今現在の意識状態がその世界の次元へと少しずつ踏み込んでいるということです。

毎日の日常生活の中で,一つ一つの言葉や行動,思いに意識を向けて,「愛からの選択をする」ことが大事です。それが,光の道,すなわち後者の次元への道になります。

向こうに光2.jpg


posted by spica-9 at 21:43| Comment(0) | 日記