2016年01月27日

心身ともにリラックス

今日は温泉に入りたいと思い,オラクルカードを2種類ひいてみました。
すると,『浄化』と『くつろぐ』でした。

「さすが,すごい!!」ハイアーセルフや天使たちとつながっていると感じうれしくなります。

心身の浄化はいろいろな方法がありますが,今日の私は簡単なジュースクレンジングをして,あとは温泉に入ってのんびりしようと思いました。
(なので,このブログも後日に書いています。)


家の近くには温泉がいくつかあります。家から車で10分前後に3件(1件はこの4月から再開予定),20分以内に2件あります。それぞれに趣があって,その日の気分で選んでいます。

今日は,10分くらいの所にある45,000年前の巨木で作った浴槽のある露天風呂を目指して行きました。いい気分(温泉)

雪の積もった木々や冬の空をながめて入る露天風呂の気持ちのいいこと。
目をつむると流れ落ちる温泉の水の音,心地よい湯の温度と程よい風の冷たさにしばし,
頭の中は空っぽ。
「ああ,しあわせ。」と言葉が浮かびました。

心身ともにリラックスし,ヒーリング(浄化)できた1日でした。

ありがとうございます。
幸せ黒ハート
posted by spica-9 at 05:05| Comment(0) | 日記

2016年01月26日

満月の日に感じたこと

23日の夕方から25日までこちらは,先週に引き続いて第2の寒波がやってきました。

雪が降りしきる中車を走らせていましたが,なぜか「大変だ」という感情から,降り続く雪の美しさ,風に乗って流れる様子,木々に積もっている雪などに目をやると「きれいだな」などと感じる自分がいました。
「センスオブワンダー」,自然をあるがままに見るという状態になっているようでした。

このような天気だったので,24日の満月は見えませんでしたが,25日の夕方,少しの間でしたが,大きくほぼまん丸い月を見ることができました。
思わず「きれい!」と口から出ていました。


満月のエネルギーは,「手放す」という浄化のエネルギーが強く働きます。

24日の早朝に感じたことや見た夢を書いてみます。
「覆水盆に返らず」という言葉が、ドキドキする心臓の鼓動と共に頭の中に鳴り響きました。そして夢は1匹の犬が首輪をはずそうともがいている顔がアップに出ました。
その犬は,柴犬に似ているけれども違うという感じがしました。


これらのことを象徴的に見ると,済んでしまったことを後悔し続けたり,そのことに対して抵抗をしたりすると,余計に自分を苦しめることになるということを表していると思います。

誰にもこの経験はあることだと思います。

済んでしまったことをもとのままに戻すことはできません。
でも,その時点では自分は最善のことを選択したのだとわりきることです。
魂の望む方向は何なのかをもう一度自分自身にたずねて,これからそれに向かって選択していけばよいのです。

『過去を癒して,未来のヴィジョンをもって,今に生きる』これが創造するポイントだといわれています。

自分の魂の望む人生を創造していきましょう。

マリアのゲート.jpg

posted by spica-9 at 19:45| Comment(0) | 満月の同時瞑想

2016年01月22日

24日満月の同時瞑想

今夜は,うっすら雲に覆われた月が出ています。
18日の夜から20日の夕方まで降り続いた雪が80センチくらい積もっていましたが,
昨日今日のお天気で今は,60センチくらいになっています。

24日は満月ですね。
今年,最初の満月です。

明日から再び寒波がやってくるようなので24日の満月は雲の上かもしれませんね。
でも,満月のエネルギーは届いています。

毎月,満月の夜,
たくさんの方々と
地球とすべての人々,すべての創造物に愛を送る瞑想・祈りをして
います。

私たちが今ここに存在して,生活できるのは,
地球があってからこそですね。
地球は無意識の物体ではなく意識ある存在です。


多くの方と同時に瞑想・祈りをすることでエネルギーが倍増します。

〜〜**〜〜***〜〜**〜〜***〜〜**〜〜**

地球,全人類,全創造物の最善を意図して
愛をおくる瞑想・祈りを行います。
全宇宙に愛を送るととらえても良いです。

瞑想といっても,難しく考えないで,
自分自身が愛の状態になることです。

愛の状態がよくわからない方は,
自分が最高に楽しい時の状態をイメージしてみるといいです。

あなたのいるその場所で,いすにすわっていてもいいし,
畳の上に座られてもいいです。

軽く目を閉じ
そして,軽く背筋を伸ばし,
脚は肩幅に開き,
両手は太ももの上に
軽くおきます。

夜10時から10分間行います。
長くされたい方はそのまま
ご自分の良い時刻までしてください。

ご興味のある方はどなたでも参加できます。
どうぞご参加ください。
夕焼け.jpg

posted by spica-9 at 10:56| Comment(0) | 満月の同時瞑想

2016年01月17日

あるエネルギーの解放

私たちは,肉体の目で見える世界がすべてだと思い込んでいますが,実は見えない世界もあるということです。それは恐ろしい世界でもなんでもなく,肉体の目で見える世界と共にこの世界を作り上げているものでもあります。見えない世界での出来事は強力にこの世界に影響を与えています。
見えない世界を動かしているもの,それは「意識」と呼んでもいいのかもしれません。


今日の早朝,朝焼けに映える美しい山のシルエットを眺めながら運転をしていると,この情景は,7年前に受け取ったメッセージ(「明けて」という声と文字と共に見えたピンクのバーコード)の情景に似ていると思いました。今まで受け取った数々のメッセージ,自分自身のエネルギーの状態,そして心友たちの言葉,それらは私の中では点で存在していましたが,この瞬間すべてがつながり一本の線となって腑に落ちました。

このことについて,心友のBさんの言葉(一部)を借りて表現してみます。
「・・・・○○が封印したのは,古代のいのちの感覚,龍に象徴されるものだとわかりました。

魚座に象徴される知の世界,この世界が,もはや主流になってきた時代の中で,ある意味どちらも不完全さの中にいたため,エネルギーの流れとしては,封印するしかなかったのだと今は分かります。

今という時代が,いのちを取り戻すと共に,知という世界の真の扱い方をしらなければならない時代に来てもいます。

聖書の中に書かれる,古い龍と不死鳥の闘いと言われるものです。

この二つが一つになるところに,新しい時代があります。」

私の内なる体験は,あるエネルギーの解放,そしてそれは,新しい時代への「明けて」という意味でもあると思います。

Bさんの言葉に「愛」を感じ,あるがままに見るということができました。

関係する方がたに感謝をしています。ありがとうございます。


これらのことは,実は見えない世界で起きていることです。

意識の世界で先に起こり,そしてそれらがこの物質世界に現れてくる,こういうことなのかとつくづく思い至った日でした。
ソラ.jpg
posted by spica-9 at 18:55| Comment(0) | 内なる体験

2016年01月11日

今日は1月11日

今日は1月11日,「111」という数字のエネルギーの意味は,「エネルギーの流れ。あなたが,今どんなレベルにいてもそのレベルを引き上げてくれる。」(ロナ・ハーマン著 大内 博 訳『黄金の約束 下巻』から)
「エネルギーの通り道が開きました。・・・・・」(ドリーン・バーチュー リネット・ブラウン著 牧野・M・美枝 訳『エンジェル・ナンバー』から)

実は,すっかり「111」の日だということを忘れていたのですが,1日を通して,頭がすっきりして,物事を鮮明にとらえることができたのでいつもと違うなと思って夕方気づいたのでした。

瞑想をしていると,高い次元にいる自分自身(ハイアーセルフのもっと上の次元の「神聖なる我」というような状態)とつながったような状態でした。

この肉体を持った自分は,大きな自分のほんの一部の表現でしかないという感じでした。そのエネルギーと同調したような状態ですが,言葉に訳すとこんな感じです。
「あなたは,大いなる存在。今は○○○○という肉体にはいっているけれども。
人々とすべての存在に最善を。」

本当は,私たちすべての人々が大いなる存在の一部分なのです。
ただ,私たちはそれを忘れているだけなのですが。

高次元の存在(天使やマスターなどの光の存在)とつながりたいと思う人はたくさんおられると思います。

それを望むならばまずは,自分のエネルギー状態をよくすることです。
不要なエネルギーは,ヒーリング(癒す・浄化する)することです。
それは,自分を見つめる,内観をすることから始まります。

高次元からのメッセージは高い周波数のエネルギーです。
私なりの表現をすると,自分の中に不要なエネルギーがたくさんあると低い周波数のエネルギー状態なので高い周波数のエネルギーはキャッチしにくいのです。
たとえるならば自分自身が感度の良い受信機になるということでしょうか。

不要な物を捨てないと新しい物は入ってこないというたとえがありますが,これと似たような状態です。

神道を習っている心友がいます。
彼女曰く「一番が払って,払ってから始まる」と言います。

私は,西洋的な瞑想しか習っていないのですが,やはり習った限りの手法では,どれもエネルギーをきれいにすることから始めて,そしてそれに多くの時間をかけます。
それから,高次の自分自身(ハイアーセルフ)とつながっていきます。

その時の自分の状態にあった所の周波数につながる(引き寄せ)ので,必ずしも高次元とは限らないので識別することがとても大切です。
虹2縮小.jpg
posted by spica-9 at 22:31| Comment(0) | 日記

2016年01月08日

今年の決意表明

年末から行ってみたいと思っていたある神社(S神社)がありました。

今年の決意表明をするのは,この神社しかないと思っていたとき,思いもかけずに急に2日間の休みとなりました。6日に行きました。

龍やヒスイ,ある印などのメッセージといい,この休みのタイミングといい,「行きなさい」と宇宙が後押ししてくれているようでした。


高速道路を使って往復500キロの距離で,休憩を入れて片道4時間はかかりましたが,運転で疲れることもなく楽しくドライブができました。

S神社は,一部の人たちには昔から知られていたようですが,特に最近脚光を浴びてきているようです。
それは,この神社にあるエネルギーが表に出てくる時期になったということだと思います。

参拝客は,私一人でだけで,ゆっくり思う存分エネルギーを堪能しました。
S神社はK神社の境内にあります。
狛犬が下の階段から順番にところどころに5組ありますが,その個所を通過するたびに次元が高くなっていくような,エネルギーが精密になっていくような感じでした。
K神社境内は高周波に包まれているようでした。

下の方にある祭事場所は明らかに次元が違っていました。
光りがおりていて,シーンと真空のような状態。やはり高周波に包まれています。
その場所に立つと体が揺れてハートが温かく,目を開けると5m位先の木の所に楕円のうす水色のようなエネルギーが見えました。きっと高次元の存在かと思います。

帰りにそうじをしているおじさんがいたので尋ねるとこの場所はお祭りの時,神輿や稚児さんが,上の神社から降りてきてここで祭事をして,再び上の神社に戻るのだそうです。

S神社は生命創造のエネルギーの噴出場所と言われているそうですが,K神社はこの場所を守っているのだと感じました。

興味深い体験をしました。
この山の頂上に展望台があるので行きました。降りてくる途中に上の方でザーザーと風のような音がするので見上げてみると,大きな木が見えます。
でも木の葉は揺れていないのに音はそこから聞こえてきて鳴りやみません。
気になるので,引き返してその木のふもとに行くとそばに「若一神社」という祠がありました。
そこのエネルギーによばれたようです。
やはりハートが温かく,気持ちの良いエネルギーでした。
木はおそらく楠だと思います。
音はすでに鳴りやんでいました。
K神社境内の末社や摂社はひとつずつ丁寧に参拝して回ったのに,頂上にあったとは気づかなかったのです。

「今年は,気持ちも新たに自分が受け取っているメッセージ『地球の再生』に向かって,私なりの道のりで歩んでまいります。」という決意表明をした次第です。

今年もよろしくお願いします。
生まれ出る.jpg
posted by spica-9 at 23:19| Comment(0) | 日記

2016年01月06日

すべては自分から

年末に心友から,無農薬・有機肥料のたくさんの種類の野菜をもらいました。

彼女は金沢から岡山に引越しして,農業を始めて1年なのですが,多方面にわたって勉強をしてきたことを活かして,無農薬・有機肥料の農業を始めたのです。

その野菜たちの新鮮で甘くておいしいこと,とても日持ちもします。

やはり,意識の高い人が,意識の高い作り方をするとできる野菜にも大きく影響をしてくるのだとつくづく実感しました。


エネルギーの動きが見える人には,農薬や化学肥料を使った土地よりも
無農薬,有機肥料の土地の方が生命エネルギーが高いのがわかるそうです。
そして,その土地からできる野菜は生命エネルギーの高い野菜だということです。
また,野菜を作る人の生き方や人生に対する取り組み方,つまり意識の高さが土地や野菜にも影響を与えるということです。


それは,この世の中は,「すべて自分の意識状態から始まる」ということを指しているように思います。

おいしい野菜をくれた心友に感謝します。
そして,この豊かさを受け取ることができた自分にも感謝をします。
「ありがとうございます。」

弥山頂上から.jpg

posted by spica-9 at 23:08| Comment(0) | 日記

2016年01月02日

豊かさの循環

明けましておめでとうございます。

今年は,世の中でいろいろ隠されていたもの,私たちの多くが知らなかったことが
昨年よりももっと表に出てくるような感じを受けています。
そして,私たちの目指す「豊かな世界」とはどんな世界なのか,一人一人が「本当の豊かさ」を確認していく時代の始まりのような気もしています。


昨年の11月ごろからずっと私に来ているキーワードは「分かち合い」です。

小さなたとえですが,4人の人たちがお弁当を食べ終わった時,そのうちの一人が小さな菓子パン1個を取り出して4つに分けて,「一緒に食べよう。」と言いました。
みんな口々に「あなたがもらったものだから,いいわよ。」と遠慮をしましたが,結局頂きました。その時のおいしかったことが忘れられません。
よくある菓子パンですが,その場にいたみんなで食べようというその人の気持ちが,とてもうれしかったのです。

この頃,駄菓子ひとつ,おまんじゅう一つでもこの人にあげたいと思ってあげたら,次々に思いもかけない人からお菓子を頂くという体験をよくします。

とても小さな出来事ですが,この時「分かち合う」ということと「循環」という言葉が結びつきました。

心からの分かち合いをしたとき,自分が与えたものが,自分に戻ってきます。

「分かち合う」ということは物質のこともありますが,情報もあります。
それを大きく見ると,エネルギーの分かち合いだと思います。

自分だけの利益のためにと,自分でこの循環を止めてしまうと,次からこの豊かさは入ってこない,発展がないということになります。そこには根底に生き残れないかもしれないという「恐れ」があるからだと思います。

潜在的な「恐れ」という思いが手離せて意識が高くなってくるとこの「分かち合い」が自然と喜びとなってくるようです。


「自分が受けた豊かさのエネルギーは,他の人に与える。」これが「豊かさの循環」だということが腑に落ちているこの頃です。

並ぶ龍.jpg
posted by spica-9 at 12:14| Comment(0) | 日記