2016年03月18日

3月23日満月の同時瞑想

昨日は、気分も爽快、身体も軽い1日でした。

夕方空を見上げると数本の長い直線の雲が、並行や三角形などの形をとっていました。
新しいエネルギー、何かが整理されて始まりのような感じを受けました。
天が喜んでいるそんな感じもしました。

そして、夜、月は満月(上弦の月の頃)ではありませんが、大きな月輪が見えました。
やはり、何かいいことがあると思っていましたら、
心友もちょうど「新しい時代があけました」というメッセージを受け取っていました。

3月20日は春分でもあり宇宙の元旦とも言われる日です。
元旦まであと数日ですが、私たちの心身の浄化も最終段階に入っている感じがします。

そして、宇宙の新年を迎えて最初の満月が23日ですね。
満月の同時瞑想を行います。
興味ある方は一緒にしましょう。
***************************************
毎月,満月の夜,
たくさんの方々と
地球とすべての人々,すべての創造物に愛を送る瞑想・祈りをして
います。

私たちが今ここに存在して,生活できるのは,
地球があってからこそですね。
地球は無意識の物体ではなく意識ある存在です。


多くの方と同時に瞑想・祈りをすることでエネルギーが倍増します。

〜〜**〜〜***〜〜**〜〜***〜〜**〜〜**

地球,全人類,全創造物の最善を意図して
愛をおくる瞑想・祈りを行います。
全宇宙に愛を送るととらえても良いです。

瞑想といっても,難しく考えないで,
自分自身が愛の状態になることです。

愛の状態がよくわからない方は,
自分が最高に楽しい時の状態をイメージしてみるといいです。

あなたのいるその場所で,いすにすわっていてもいいし,
畳の上に座られてもいいです。

軽く目を閉じ
そして,軽く背筋を伸ばし,
脚は肩幅に開き,
両手は太ももの上に
軽くおきます。

夜10時から10分間行います。
長くされたい方はそのまま
ご自分の良い時刻までしてください。

ご興味のある方はどなたでも参加できます。
どうぞご参加ください。
豊かさ5%.jpg

posted by spica-9 at 10:24| Comment(0) | 満月の同時瞑想

2016年03月12日

素敵な人たち

このところ,3つのテレビ番組で素敵な人たちに出会いました。

1つ
今の時代,珍しいほどの自給自足をずっと続けられている
長崎県の宮塚敏治さん御夫婦。
「自給自足を楽しんでいます。」肩を張らない地に足の着いた生き方に素敵だと思いました。

2つ
『ザ・インタビュー いのちの物語“がんばらない”
健康と平和を願う67歳の肖像』という番組に出会いました。
鎌田實さんは医師で,死ぬまで「生きる」とはどういうことかを伝えてくれる番組でした。
「健康・いのちは平和へとつながっている」をモットーに今も海外支援を続けておられます。

3つ
鎌倉東慶寺 寺庭の井上米輝子さんのわかりやすい言葉で謙虚に話される姿に,「気品」を感じました。
言葉数がとても少ないのにたくさんのものが伝わってきました。
たとえば
「ひとつずつ 花の良さを感じ取る 澄んだ気持ちを 持ち続けたい」


世の中にはたくさんの素敵な人たちがいます。

わたしたちも一人一人が素敵な人たちです。
自分の中の素敵な部分を見つけたら,引き寄せできっと素敵な人たちに出会っていくことでしょう。

出会えて,ありがとうございます。8%.jpg
posted by spica-9 at 23:36| Comment(0) | 日記

2016年03月07日

愛・癒しの祈り

宇宙の星の動きから,
9日は,亡くなった方の魂を癒すのに最適なエネルギー状態だそうです。


このところ,親は,私を苦労して育ててくれたのに,親の心を深く理解せずわがままだったなあと親への思いが再々わきあがっていました。

先日「Keiko的,占星術な日々」のブログを見て,星の動きの影響だったのかと気づきました。

親への感謝の気持ちを込めて,そして,3.11で亡くなられた方への愛・癒しのエネルギーを送る瞑想をしようと思っています。
並ぶ雲.jpg


posted by spica-9 at 06:13| Comment(0) | 日記

2016年03月05日

愛が世界を救う

最近「愛」という言葉のたくさんのシンクロニシティがあり,感じたものがあります。

「愛は地球(世界)を救う」

寄付や様々な支援の場でよく言われていることですね。
人々の温かい思いやりはとても元気づけられるエネルギーです。

私たちは,こういう場面に出会うとよく,してあげたいのだけれど,「今は,○○があってだめだわ」や「今は余裕がないから,もっとお金が入ってから」などと思ってやめることがあると思います。

これらは条件付きの「愛」の状態。
物理的な支援もとても大事ですが,本当の「愛」とは「無条件の愛」の状態から生じる思いや言動だと思います。

「無条件の愛」の状態,これが世界を救う道だと思っています。

誰でもなることができるのが無条件の愛の状態。
しかし,これは何もせずに誰もがなれるものではないでしょう。

まずは,毎日の生活の中で,自分自身を含めたすべての人々,動植物や創造物に対して
愛からの選択をするということです。

一つの思い,一つの言葉,一つの行動,それらに意識を向けてそれが愛(無条件の愛)
からのものであるのかをモニターする必要があります。
そして,違うならば「愛」からの選択はどうなのかとし直すことが必要です。

これが習慣化すれば,無意識のうちに愛からの選択をしているようになっていることと思います。

やがてそれは,周囲の人々に伝わっていき,一人,また一人と広がり,愛の周波数が広がっていくことでしょう。

そして,いつの日か「無条件の愛」の状態とはどのような状態なのかがわかることと思います。

これを書いている私も,まだまだ最中の一人です。
雲から出る2.jpg
posted by spica-9 at 13:16| Comment(0) | 日記