2017年01月31日

「瞬間」に生きるとは?

11月のマイケルのセミナーでは,「瞬間に生きる」ということについて強調されましたが,
それは,今の私にとっても,おそらく大勢の人たちにも必要なことだと思います

瞬間に生きていなかったら,潜在意識から反応していることになります。
現役でバリバリ(?)仕事をしていた時の私は,「ある言葉やある内容」にかかわると
即刻,いつも同じ反応をしていました。
それは,潜在意識からの反応でした。
その反応は「怒りの感情」を伴うものでした。
実は,その反応の根底には深いものがあったのですが,それに気づいたのは仕事を辞めてからです。
それは、エネルギーワーク、特にインナーチャイルドヒーリングを受けることで手放せました。

周囲の人々を見ていると,中には,かつての私のような反応を示す人たちがいます。

では,瞬間に生きるとはどういうことなのか,たとえば「聞く」という行為を通して,
マイケルが分かりやすくお話をしてくれています。

『「本当に聞く」と「今というパワー」につながる』
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12242892974.html
***********************************
多くの人は息を止めるよりも長く,思考を止められません。
しかし,考えながらでは本当に聞くことはできません。
    
あなたの聞いていることがなんであれ,それはいつもこの瞬間にあります。思考はあなたを,この瞬間から連れ去ります。瞬間へは向えません。
    
本当に聞いているとき,あなたはこの瞬間にいます。この瞬間は,素晴らしい場所です。
    
この瞬間には,愛,歓び,平安,叡智,新しさ・・まだまだありますが,こういったものは,この瞬間にしか見出せません。経験するには,あなたが十分に意識的であることが必要です。潜在意識からは無理です。
    
人々は一日の93%から99%を潜在意識で生きているといわれています。つまり,一日のほとんどを,意識して生きていません。十分に意識しているときのみ,本当に聞くことができるのです。潜在意識から聞けても,本当に聞くことはできません。
 
その違いはあなたの想像をはるかに超えるものです!
  
本当に聞くなら,耳を傾けるなら,この瞬間にあって,瞬間のパワーとつながります。今というパワーにつながります。
 
気づきの扉が開きます。
人々と,自分自身と,人生とのまったく新しい関係がもたらされます。
     
ただ,耳を傾ける,本当に聞く必要があります。
試してみてください。
 
いつも意識して愛の選択を!
Choose Love!
 
マイケル・ローズ
***********************************
P1263471.JPG
posted by spica-9 at 11:54| Comment(0) | 日記

2017年01月29日

愛と生きること

以前,「生きることは愛すること」という奥の深い言葉を聞きました。
しかし,その時点での私は,左脳で理解しようとしていました。

今私にとって,とてもタイムリーにこのメッセージが届きました。

マイケルのメッセージです。
『愛とは,意識して愛を選択し,愛を生きることなのです。』
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12242542176.html
***********************************
私たちは,自分の人生を自分で作り出しています。
私たちは,考え,その思考から感情や気持ちが湧いてきます。それはエネルギーです。
   
人類全体の思考は,地球から放射される広大なひとまとまりのエネルギーフィールドのようなものです。そして,太陽系のすべてに触れています。
 
人類の思考と感情の集合的エネルギーは,基本的に,否定的で,混乱や怒りと混ざり合っています。(もちろん,まったく異なる波長において,人類の愛も表現されています)
    
つまり,私たちは,毎日,毎瞬を,ハンディキャップを背負っています。そのハンディキャップとは,私たちも一部である人類全体の否定的なエネルギーフィールドのことです。
 
人類の健康についても,この全体的なエネルギーフィールドは,私たちの重荷となっています。
特に精神面,メンタル面で,です。
     
私がここで伝えたいことは,意識して生きない限り,あなたは全体的な人類のエネルギーフィールドを漂うことになり,人類の集合的エネルギーがあなたの混乱,怒りに反映されることになります。
   
「選択する人生を生きる」ために,あなたは,日々の生活で,その選択を意識し,その選択に焦点をあてる必要があります。
 
私が愛の選択をというとき,それはあなたの愛の選択を実際に生きることを意味します。
愛を生きる,です。
 
愛の言葉を語るだけでは,愛ではありません。
愛は,毎瞬の表現です・・・ときどきの素晴らしい思考や言葉ではありません。
 
意識して愛を選択しましょう!
愛を生きるのです!
あなたは愛です!
 
マイケル・ローズ
***********************************
豊かさ5%.jpg
posted by spica-9 at 22:27| Comment(0) | 日記

2017年01月27日

「意識」の一つのとらえ方

私たちの意識は,この肉体の中にあるのではなく,肉体以外のところにあり,それは,次元の違うところにあるといわれています。
それは,肉体だけが,私たちではないということを意味します。

そこから,では,認知症という状態の「意識」はどのようになっているのかと,
ずっと知りたいと思っていました。

今回のマイケルのメッセージに少し,そのことが触れられています。

『メタフィジカルな側面が,3次元の肉体とバランスが取れていないことについて』
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12241890873.html?frm_src=favoritemail
***********************************


最近,5次元について記しましたが,もっと説明してほしい・・との連絡がありました。
 
一つ目は,メタフィジカル(非物質的・多次元的)な側面が,3次元の肉体とバランスがとれていないことについて。
 
二つ目は,3次元で自分が課した感情的制限・境界を押し広げることの大切さについて。
   
このことを説明するには1時間はゆうにかかりますが,やってみましょう。
 
まず,私たちは,メタフィジカルな存在です。
私たちにとっては物質的存在ですが,それは,氷山の一角にすぎません。
    
当然のことですが,物質的な体と,非物質的・多次元的な体の間にバランス・調和が必要です。
    
意識して生きるとき,バランスのとれた状態ですが,潜在意識的であるとき,バランスはとれていません。
    
また,あなたが,自分の思考,感情,行動においてあなた自身と調和があるとき,それは,ベストな状態です。
        
自分に対して批判的であったり怒りがあったりすると,よい状態とはいえません。
バランスがとれていないとき,物質的表現とメタフィジカルな表現の間を流れるエネルギーに調和はなくなります。
       
不調和がさらに悪化するとき,いわゆる認知症へと向かいます。
認知症を改善することはできますが,治癒はめずらしいことです。バランスが取れていないときに,もちろん,調和を見出すのは困難でしょう。
    
しかし,残念ながら,本当のところバランスの取れている人はあまりいません。かなり多くの人は,ひどくではありませんがバランスが取れていません。
 
意識して生きましょう。
内なる調和のために,いつも意識して愛を選択しましょう。
 
Choose Love!

(二つ目は次回掲載します)

マイケル・ローズ

***********************************

認知症は肉体の機能障害で,「意識」が肉体を通して表現できない,という状態なのかなと思いました。

だから,認知症の状態の人の意識は「無い」のではなく「そこにある」のだと思います。

そばで私たちが話していることも,自分にされていることも,実は本人にはわかっているのだと思います。

たとえ,本人が反応しなくても,優しく話しかけてあげることや優しく体を触ってあげることがとても大切だと思います。
秋の花2.jpg


posted by spica-9 at 20:34| Comment(0) | 日記

2017年01月26日

山口発地域ドラマ「朗読屋」

先週,NHKのテレビ番組
山口発地域ドラマ「朗読屋」がありました。
中原中也の詩を軸に,美しい風景と詩の朗読が響きあう,
ファンタジックで心温まる物語です。

ドラマの主人公たちが何回も語る言葉に共感しました。

「探せばある。あると思えばある。見つけられる人には,見つけられる。」

「どうしてもと思っている間は,なかなかほしいものは手に入らず,
気持ちを手離した途端,手に入る・・・・・。」


あまりにも思い一筋に固まってしまうとそれは,執着になり緊張が高まるのでしょう。そうなると望んでいるものも引き寄せられないということになるのだと思います。
だから,みつけられないものかもしれませんね。

ここでもリラックスすることが大切なのでしょうね。

P1263470.JPG


posted by spica-9 at 19:40| Comment(0) | 日記

2017年01月23日

『人生を怖れに支配させないと決めましょう』


このところ,世界各地で,今まではちょっと考えられなかったような事件が次々と起こっているように思います。

それらは,自分たちの遠い場所での出来事と思っている方も多いでしょう。

そういう私もそのように思っていましたが,つい最近ほんの近い場所で立て続けに
「えっつ?」という事件が起きました。

これは,あることを知らせていると感じました。

恐れを感じるような情報を受け取った時,私たちの受け取り方は大きく二つに分けられると思います。

一つは「恐れ」に振り回される人,もう一つは,何があっても動じない人。

私たちの周囲のエネルギーがどんどん変化しています。
ある意味,「振り分けられる」とも言われています。

振り分けられるといっても自分以外の「誰かが」がするのではなく,実は自分が自分を振り分けているのですが。
それは,自分がする「選択」で決まっていきます。

マイケルからのメッセージです

「人生を怖れに支配させないと決めましょう」
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12240388031.html?frm_src=favoritemail

***********************************
人生を恐れに支配させないと決めましょう。
恐れを解決する日です・・少なくとも,解決し始めましょう。
 
ある問題に対する恐れが,あなたの人生で大きな問題になるとき,それは,あなたの感情に訴えます。
 
一度,恐れが感情的なものになると,恐れを表すものが何であれ,あなたは,感情的な磁石になってしまい,恐れを引き寄せます。
 
恐れがただ消えることはなく,あなたが終わらさなければなりません。
  
恐れにしっかり向き合うと,恐れがあなたを支配できなくなります。
  
恐れに向き合い,見極め,行動する・・そして,信頼です!あなたへの。あなたの人生への信頼です。
     
恐れを長く持てばもつほど,あなたが恐れる状況をさらに引き寄せます。恐れと絶対的な愛の意識を,併せ持つことはできません。
 
恐れを手放しましょう。
 
恐れからではなく,愛から生きるのです。
今日,この日に,意識して愛を選びましょう!
 
Choose Love!
 
マイケルローズ
****************************************
並ぶ龍.jpg
posted by spica-9 at 19:11| Comment(0) | 日記

2017年01月16日

『3次元という制限を取り払い,意識して愛の選択を』

最近,心友の一人とメールのやりとりをしていて思ったことがあります。

「生きる」とは究極は自分を知る,自分と向き合うことなのだと。

自分と向き合う中で「自分を愛すること」が一番の基本だと思います。
当然のことなのですが,これに気づいていない,できていない人が
案外多いのではないでしょうか。

これを書いている私も自分を愛するとはどういうことなのかを
腑に落としつつあるところです。

一つの状況に出会ったとき,自分を愛していない時の自分の反応と
自分を愛するようになってからの自分の反応が違います。
もちろん自分が感じることも大きく違います。

私がマイケルのメッセージが好きなのは,このことに気づかせてくれるからです。



今回は,目の覚めるようなマイケルの広大なメッセージです。
転載します。
『3次元という制限を取り払い,意識して愛の選択を』
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12238227305.html?frm_src=favoritemail

***************************************
5次元について書いてほしいとよく言われますが,知的に5次元に関わるより前に,3次元をマスターすることのほうが素晴らしいと思います。
  
私たちには,3次元でのチャレンジがまだまだたくさんあります。
      
3次元はあなたの一側面に過ぎないこと,あなたの他の側面はすべて4次元のものであることを忘れないでください。
 
つまり,思考,感情,直感,想像力,フィーリング,個性,性格といったことすべては,4次元の側面です。
     
あなたは,3次元の存在であると信じ,そのため混乱している多次元の存在です。
 
事実,自身の非物質的な側面が,3次元の肉体と調和がとれないとき,認知症が様々な形で起きるのです。勿論,医療は否定するでしょう。だからと言ってその現実は変わりません。
        
私たちは,スピリチュアルに十分成長し,準備ができたとき,5次元の存在となるのです。
     
ですから,それまでは,あなたが自分で作り出した3次元での境界,制限,箱に気づき,
 
あなたの境界を押し広げる
あなたの制限を取り払う
あなたの箱から出て,あなたの意識を広げる
ことをお勧めします。
     
制限を取り払う,境界を押し広げるには,意識しないとできません。
ですから,いつも意識して,愛の選択を!
 
Choose Love!
 
マイケル・ローズ

**********************************
上る龍.jpg
posted by spica-9 at 08:28| Comment(0) | 日記

2017年01月08日

『エネルギーと意識について』

私は「意識的に生きる」ということに興味関心があります。
そして,そのように生きようと心がけていますが,
まだまだ,潜在意識から行動することがよくあります。

マイケルのメッセージから
『エネルギーと意識について』
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12235787623.html?frm_src=favoritemail
**********************************
インテンシブの重要なテーマの一つは,エネルギーと意識について,です。
     
私たちは,ほとんど潜在意識から生きています。
潜在意識から頭を働かせます。
それは,なんであれ叡智とはまったく関係ありません。
    
叡智を用いるには,十分に意識している必要があります。
より意識的になれば,なるほど,さらに多くの叡智を用いることになるのです。
    
日々,より意識して生きることによって,叡智と結びつく能力が高まります。天才とは,ハートと全脳と松果体が,エネルギー的に結びついた周波数の人です。
    
人間の叡智を測ることはできません。それは,意識の状態次第だからです・・・意識の状態は変えることができます。高めることも,低めることも。
   
あなたの意識が成長すると,叡智が成長します。
意識と叡智は一つだからです。 
     
いつも意識して,愛の選択をするのは,意識の叡智です。
潜在意識から愛を選択することはできません。
   
意識して生きましょう。
潜在意識からではなく,意識してあなたの人生を創造しましょう。
   
いつも意識して愛の選択を!
Choose Love!

マイケル・ローズ
******************************
山2.jpg
posted by spica-9 at 21:55| Comment(0) | 日記

2017年01月06日

笑える思い込み

人間,思い込みはよくあるものです。
私の笑える思い込みの一つを載せてみます。

夏の暑い日,車で初めてその場所を通りました。
「100円ジュース」という看板がありました。
周りは果樹園のような雰囲気です。
喉が渇いていたので,「搾りたてのジュースが安く飲めるんだ」と
うきうきして,販売所らしき物を目を凝らして探しましたが見当たらず,
通り過ぎてしまいました。

また2週間後ぐらいにその場所に来たので,一生懸命販売所らしきものを探しましたが,残念ながら見つからず通り過ぎました。

その次の時も見つからず,時間が夕方だったのでもう販売は終わったのかもしれないと思いあきらめました。

ある時,年配の方が,「暑いので,冷たいジュースでも飲もう。」と言われたのを聞いて
はっとしました。

私にとっての「ジュース」は果汁100%のものをさします。

でも一般的には,甘く冷たい飲み物は「ジュース」と表現されることが多いですね。

そうだったのです。
看板に書かれていたのは「ジュース=甘い飲み物」だったのです。

それからもう一度そこを通り過ぎる時,よくよく見ると果樹園らしきものはなく,
ただの荒れ地で小枝に隠れて自動販売機らしきものが一台見えました。
これを発見した時,おかしくて,おかしくて一人で笑ってしまいました。


自分の思い込みで物事を見ると,真実が見えないものですね。
二人の観音様
posted by spica-9 at 20:17| Comment(0) | 日記

2017年01月03日

気ままにドライブ

今日はお天気も良く,娘とドライブに出かけました。

意外と近くの場所は知らない所が多いので,ナビを観ずに
道路と標識を見て行きたいところに心のままに進むことにしました。

山の中にキャンプ場があり,その横の舗装はしてありますが,離合ができない道幅の道をどんどんと車を走らせて行くと,途中散歩中の外国の方と出会いました。
「大きな山の動物に出あってもおかしくない所で,外国人と出会うとは面白いね。」


山頂に近づくにつれて山の感じが変わっているなと思っていると
「これが,『山が荒れている。』という状態なんだね。」と一言娘が言いました。
枯れている木や,折れた幹がそのままになっているのがあちこちに見えます。
木や山の生気を感じません。
まさしく「山が荒れている。」ということを私もやっと分かったという感じでした。

私はその時はっと思い出しました。

木内鶴彦さんが講演会でよく言われていることでした。
「山はほっておいてはダメになる。人間が手入れをして世話をしないと,木が育たないし,山がダメになる。それは,自然の循環がうまくいかなくなることにつながる。
人間は地球の一番の新参者で,地球の循環がうまくいくようにお世話するのが役目ですよ。」


山の所有者の高齢化が進み,山の手入れをすることもままならないのが現状だと思います。
これはここだけのことではなく,日本全国がこのような状態なのだと思います。
残念ながら実家の山々もこんな状態だと思います。
これは,今に始まったことではないのですが,日本の大きな課題なのですね。


どこへ行くのかとワクワクしながら,上りの道から下りへと変わり民家が数件見えたところに神社があり,心ひかれたので二人で参拝しました。
琴平神社でした。
「昨日に続き神社にご縁があるね。」

そして,大きな道に出たところで,「ここはどこかしら?」と見渡したら,
なんと,最初の標識を見て曲がったところでした。
なんだか振出しに戻ったみたいで,
何かを私に気づかせようとしているみたいでした。
次郎笈へ.jpg

posted by spica-9 at 21:39| Comment(0) | 日記

2017年01月02日

今年の初詣

今年の初詣も,昨年に続き,隣の県にあるS神社に行きました。

実は今回で3回目の参拝です。
今回は雪も凍結の心配もなく,ゆっくり,ドライブを楽しみながら。
行くたびに感じるエネルギーが違います。

きっと,自分の状態,その時の同行者の状態などいろいろ因があるのだと思います。

私は癒しのエネルギーがあるといわれる場所で感じるのは,たいてい自分の周りを回るエネルギーですが,今回ここでは上下に動くエネルギーを感じました。
前回は,自分の中を強烈に流れるエネルギーでしたが。

境内は静かで,ひっそりとして,それでいて,拝殿の前では暖かなエネルギーが流れてきて,何もないのではなく,「動き」を感じました。

ここで,今年の方向を感じたのは「創り出す」でした。

自分が描くものに向かって歩みを進めていきます。
P1023462.JPG

posted by spica-9 at 17:45| Comment(0) | 日記