2017年04月22日

「ライフチェンジ」

平均寿命が,世界的に伸びていることに伴い,高齢化社会がどの国でも訪れつつあるといわれています。

昨年,『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』という本が世界中でベストセラーになったそうです。著者は,ロンドン・ビジネススクール教授 リンダ・グラットン氏とアンドリュースコット氏。(私はまだ読んでいませんが,とても興味があります。)

その本の内容のポイントは「100才まで生きるのであれば80才まで働かなくてはならない」「生き方の変革が求められる」


「長寿社会を生きるためには」というテーマで最近興味ある番組を観ました。
NHK『あしたも晴れ人生レシピ(生活を豊かにするヒント)ライフチェンジ』
BS1スペシャル『ダボス会議2017 人生100年時代』

その中から興味ある内容を載せてみます。

☆日本の100歳以上の人口は
2000年・・・11,000人
2015年・・・61,000人
2050年の予想・・・700,000人

☆根本から生き方が変わる
これまでは,
0〜20才・・・・教育
20〜60才・・・仕事
60才〜・・・・老後

100年の人生では
教育と仕事の繰り返しのマルチステージとなる。
「退職」という言葉がなくなる。

☆80歳まで働くならば,年齢へのステレオタイプ(固定観念,先入観)の見方を捨てる必要がある。

☆退職の年齢を1年遅らせるごとにアルツハイマー病のリスクが3%下がるという研究結果がある。脳は使わないと衰える。

☆健康に長生きするには,いかに若いうちからそのように行動させるかが大事。
・禁煙
・運動をする
・脳を働かせる
・人生を楽しむ

☆定年退職がある時代は有形資産(お金など)が役に立つ
でも,長く(80才まで)働くには無形資産が必要。
無形資産とは
@ 生産性資産・・・仕事で,生産性を高めるスキルや知識
A 活力資産・・・健康,友人,愛など幸福感をもたらすもの
B 変身資産・・・人生のステージに対応する能力

「変身」に必要なこと
@ 自分自身を知り,何をするべきかを理解する
A 多様な人間関係を持つこと
 *いつも自分と同じような人と付き合っていると自分を変えることはむつかしい
  自分とは異なる人と付き合って,初めて人は変われる

☆貧富の格差が寿命の格差につながるといわれている
これを解消することが政府や企業の課題

そして,わたしたち一人ひとりにできることは,
自分の無形資産がどのような状態なのかを理解し,資産の構築をめざす。
「人は他者と共に生きていく」
例えば
運動をする時間を作る
友人と過ごす時間を持つ
学ぶ時間を作る
好きなことを見つける

『人生レシピ』の番組の中では,ライフチェンジをされた方々が3名紹介されました。
3人ともとてもユニークな例でしたが,それぞれが自分の人生の中で,「ずっと気になっていたこと,好きなこと」などに行きあたり,思い切って生き方を変えられて,そこからも再び生き生きと生活をされていました。

特に印象に残った方は「シンプルライフ」を目指して今までの住居や仕事を離れて
TV,冷蔵庫,掃除機,洗濯機をもたない1Rマンション暮らしを始めた稲垣えみこさん。
毎月の電気代が158円(!!!)だそうです。

感想
ライフチェンジは,今までの価値観や固定観念にとらわれることなく,自分がしたいことや興味ある事をしてみるのがいいのではないかと思いました。


私もふりかえってみれば,好きなことがしたくて31年間勤めた職場を53才で早期退職をし,ライフチェンジをした一人かもしれません。

決心.jpg
posted by spica-9 at 20:05| Comment(0) | 日記

2017年04月07日

4月11日満月の同時の祈り

11日は満月ですね。

今,世界を見渡すと
世界の情勢は混沌とした感じがします。

日本を含めた世界の国々が向かう先はどこなのでしょう。

こういう状況だからこそ,すべての存在にとって
最善になることを願わずにはおられません。


毎月,満月の夜,
たくさんの方々と
地球とすべての人々,すべての創造物に愛を送る瞑想・祈りをして
います。

私たちが今ここに存在して,生活できるのは,
地球があってからこそですね。
地球は無意識の物体ではなく意識ある存在です。


多くの方と同時に瞑想・祈りをすることでエネルギーが倍増します。

〜〜**〜〜***〜〜**〜〜***〜〜**〜〜**

地球,全人類,全創造物の最善を意図して
愛をおくる瞑想・祈りを行います。
全宇宙に愛を送るととらえても良いです。

愛の状態がよくわからない方は,
自分が最高に楽しい時の状態をイメージしてみるといいです。

方法はご自分の好きな仕方でどうぞ。

あなたのいるその場所で,いすにすわっていてもいいし,
畳の上に座られてもいいです。

軽く目を閉じ
そして,軽く背筋を伸ばし,
脚は肩幅に開き,
両手は太ももの上に
軽くおきます。

夜10時から10分間行います。
長くされたい方はそのまま
ご自分の良い時刻までしてください。

ご興味のある方はどなたでも参加できます。
どうぞご参加ください。

雪の中の月.jpg


posted by spica-9 at 20:41| Comment(0) | 満月の同時瞑想

2017年04月04日

地球の未来は?

今朝の瞑想で,地球の集合意識を見せてもらいました。

二つの同じ大きさの紡錘形の螺旋の線がはいった雲のような感じのものです。

直感で光と闇のせめぎあいだと思いました。

一つは限りなく黒に近い藍色。
もう一つは黒っぽいグレーでした。


2010年の2〜4月の瞑想中にみえた二つの地球。
一つはアイスブルーに輝く地球。
もう一つはグレーのスモッグに覆われた地球。

10数名の仲間と共に毎日集中的に地球に愛を送る瞑想を続けたところ,
グレーの地球のスモッグが薄れてアイスブルーに輝く地球と一つになるのが見えました。

今思うとこれは,この時点での地球の未来の可能性を見せてもらったように思います。


今朝見せてもらったものは,私たちの集合意識次第で,地球の未来は明るくなるのか,暗くなるのかの瀬戸際を知らせてくれたように思います。


地球の未来を決めるのは国のリーダーや政治家・企業のトップの方たちだけではありません。
いいかえれば私たち一人ひとりにも責任があるのです。

私たち一人一人の日常生活での選択が地球の未来の方向を決めています。
地球上のすべての人々の今日までの選択の結果が,今朝見た集合意識の状態で見せてもらったものだと思います。

たとえば,ある人が「あの人のこと嫌いだから,少し意地悪をしよう」という選択をしたとしたら,それは,光に向かう選択とは言えないでしょう。

自分にとっても相手にとっても最善になる選択をすることが光に向かう方向だと思います。

私もあらためて毎日の生活を意識して生きていきたいと思います。

榛名富士.jpg

posted by spica-9 at 13:51| Comment(0) | 日記