2018年01月09日

自分自身を愛し始めると

今の自分が,感じていることを書いてみます。

@ 自分でも非常に心身共に軽くなった感じです。
「今日も楽しくいこう」みたいなのりでしょうか。
知り合いからは
・「○○しなければ」という言い方が,ほとんどなくなったね。
・話していたら「エネルギー的に軽くなっているのがわかるよ。」
・「羽が生えているみたいに軽く動いている」
などの言葉が聞こえてきています。

A したいことや興味がどんどんわいてきて,何から始めようか,みたいになってきています。
「生きることは楽しい」という感覚です。
もちろん気乗りしないこともありますが。

B いろいろなことがグッドタイミングでやってくる。
まるで,人や物事,自然界が私に味方をしているような感覚です。
(ありがとうございます。)

実はこれらのことは,誰もが体験していることだと思います。
「そんなことはない」と思う人は,きっと忘れてしまっているのだと思います。

この体験は,子供の頃の無邪気な状態と同じだと思います。

私が今でも覚えている子供の頃のことは,
毎晩寝るとき「明日は何して遊ぼうかな。」とわくわくしながら眠りについたことです。

もう一つは,困ったとき
「かみさま,お願い。○○してください。」というと,必ずかなっていた期間があったということです。
子供の頃ですから,無邪気なお願いですが。
(「かみさま」は特に固定しているものではありません。)

このブログでよく紹介しているマイケルのセミナー中の話では,
「愛する」ということに制限はなく
それは能力のようなものだと表現しています。

「愛する」という能力をどれだけ広げられるかは,
個人個人にかかっているということでしょうか。

葵5%.jpg
posted by spica-9 at 19:25| Comment(0) | 日記

2018年01月08日

自分を愛するとは?

「自分のことを好きですか?」とたずねると多分,大勢の方が「イエス。」と答えるでしょう。
でも「自分を愛していますか?」とたずねると「う〜〜ん?」と
答を躊躇する方が多いのではないかと思います。


私は「自分を好き」=「自分を愛する」
だと,漠然とずっと心のどこかで思っていたようで,
やっと「自分を愛していなかった」ということに気づきました。

今思えば,今までの人生でのいろいろな出来事は,
「そこに気づきなさいよ」というメッセージだったのではないかとさえ思えてきます。

この「自分を愛する」ことができていれば
大変な思いはしなかったと思います。

では,「好き」と「愛している」の違いはどういうことなのでしょう。

今の時点で,私が体験して感じていることを言葉で表現してみます。

それは,「どんな自分でも評価せずに受け入れる」ということだと思います。

例えば,何か目標を作ってそれに到達しなかったら,「自分はダメだ」「だからそういうところが嫌なんだ」と自分を痛めつけたり,いつも人と比べて劣等感を持ち続けていたりすることは,自分を受け入れていない状態だと思います。

自分を好きだけれども,何かあると嫌いになる,自分を否定してしまうのは自分を愛しているとはいえません。

「いつでもあるがままの自分を受け入れる」
それが「自分を愛する」ことだと思います。

それは,頭で考えることではなく,ハートで感じることです。

それができている(できつつある)のかを
自分自身が確認することができるように思います。

体験を次の機会に書いてみようと思います。

蓮の花1.jpg
posted by spica-9 at 20:05| Comment(0) | 日記

2018年01月07日

2018年 したいこと

今年は,個人単位から,世界単位まで大きく動く感じを受けます。

変化することに恐れを抱いたり抵抗をしたりするのではなく,
その変化を受け入れて柔軟に対応していく姿勢が生きやすく
なっていくと思います。

自分の人生は自分が創造するという意気込みで,
毎日の生活を送りたいと思います。


今年の私は,中学時代にしていたことと,やりたかったことに
再チャレンジをしようと思っています。
それは,無条件に自分が好きだったことのように思います。

その一つが遊びでしていた卓球
二つ目は簡単な英会話
(英語が好きで同時通訳者の鳥飼久美子さんに憧れていました。)

三日坊主の私も
ブログで公表したからには,続きそうかな?

豊国神社10.jpg
posted by spica-9 at 05:47| Comment(0) | 日記