2017年03月13日

『死とは大きな幻想です。』

私たちが物事や状況に対して不安になったり,恐れを抱いたりするのは,その根底にすべて「死」に対する恐れや不安があるからだと思います。

「死」に対する概念が変われば素直に自分らしく生きることができて,「魂の望み」と「自分の望み」がたやすく一致するのではないかと思います。


マイケルからのメッセージです。
『死とは大きな幻想です。』
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12255914329.html?frm_src=favoritemail

*****************************
死とは,目に見える現実から,見えない現実への通過に過ぎません。
   
人類は死と雑多な関係をもっています。
それぞれの宗教がそれぞれの信念を人々に勧めます。
「生まれ変わり」や,「死後は天国に住む」,あるいは,「死とはすべての終わり」など。
     
真実において,死はありません。
死とは,肉体を脱ぎ捨てて,目に見えないメタフィジカルな現実に微細な体で入っていくことです。
       
生きたままいわゆる死のメタフィジカルな領域へ行くことはできます。しかし,どのくらいまで行けるかに関しては,限界があります。
      
死とは大きな幻想です。
その大きな幻想に私たちは振り回されています。
死があるという信念のため,不必要な恐れを維持し,強くします。
        
あなたは,メタフィジカルな多次元の愛と光の存在です。永遠です。あなたが思っているよりもはるかにパワフルで素晴らしい存在です。

その真実を生きましょう!

いつも意識して愛の選択を。
Choose Love!

マイケルローズ


****************************

肉体という限界を超えて,つまり,死亡をして未知の領域に行き
記憶を持ったまま再びこの次元に戻ってきた人がいます。

世界中にも日本にも何人かいらっしゃるのだと思いますが,
私が知っているのは有名な彗星探索家の木内鶴彦さんです。
3回肉体の死を経験されているということです。

木内さんは,肉体の死を体験しなければ
行くことができなかった領域で,見たことをもとに
人類や地球,動植物のしあわせな未来のために
今,私たちが地球でしなければならないことに向けて活動をされています。

25月ゲレンデ.jpg
posted by spica-9 at 14:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: