2017年05月19日

多次元的に生きるとは?

多次元的に生きるとは?
私は,今のところ知識では,私たちは肉体だけの存在ではなく,肉体を超えたもっと大きな存在であり,それは,この世界だけではなく多次元にも存在しているととらえています。

しかし,これは,知識や考えることでわかることではなく,体験してみて初めて「そうなのか」と感じることだと思います。

たとえば,ハイアーセルフ(高次元の自分)とつながったり,肉体の目では見えない存在とコンタクトをとったりすることも多次元的に生きていることだと思います。

また,過去世も同時に存在していて,自分がそこに同時に生きていると言われます。


ふと,最近思ったのが,もしかして,これもそういうことなのかなと思いました。
二つ紹介してみます。

一つは,4月末に岡山の友達の紹介で,ある磐座のある場所に行った時のことです。
その場所へ連れて行ってくださった方は,そこに住んでおられる方です。
その方の先導で4人で祈りを捧げると,今までそよ風だったのが,頭上高く
「ゴー」という轟音が鳴り響き,頭上で風が渦を巻いているような感じを受けました。祈りの間中,その状態は続きました。

祈りが終わると同時に風はやみ,異口同音に4人から「すごい風でしたね。」という驚きの言葉が出ました。


二つ目は,最近行った満濃池でのことです。
満濃池のそばには,空海が創建した神野寺と神野神社があります。
それぞれの拝殿前に立って参拝をしているとき,地面が大きく波打っているのを感じて,体が揺れるのが分かりました。
実際には地面は揺れていませんでしたが。

もしかしたら,これが,瞬間的に異次元につながった,もしくは異次元をのぞいたということかなと思いました。

こういう体験は,以前から何度かありますが,これも多次元的に生きるということに関系があるのではないかと最近思い始めています。

このような体験はたくさんの方がされていると思います。
ただ,今の段階では説明のしようがなく,「気のせい」で済ます人も多いかもしれませんね。

そこには「気」があり,それが多次元とつながるヒントかもしれません。

この世界は,肉眼で見えるだけの世界ではなく,何重にも多次元が重なっている世界だと言われています。そして,それぞれの次元がお互いに影響を及ぼしあっているとも言われています。
剣山から.jpg
posted by spica-9 at 21:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: