2013年12月14日

ワンス・アポン・ア・タイム


今、BS3で放映されているテレビドラマです。(木曜日 23:45〜24:30)

誰もがよく知っているおとぎ話のその続きが作られていて,
おとぎ話もいくつか出てきます。(ディズニーの作品です。)
そして,そのおとぎ話の主人公たちが実はみんな知り合いで,
魔女の呪いのせいで,現代に送り込まれているというファンタジーです。

その主人公たちは,自分が誰であったかを忘れてしまっています。
でも,潜在意識のどこかにその記憶があって,関係する人々との間で
ドラマが繰り広げられます。

それは,おとぎ話の世界で自分がとった行動の責任を,
現代にいる自分がそれをとる人生を送る内容になっています。
おとぎ話の続きの内容とその結果の現代の人生を関連させながら,
現代ではどのように人生を送っているかを交互に見せてくれます。
だから,原因がおとぎ話にあり,その結果を現代の人生でどのように生きているかが
よくわかります。

それは,まるで,過去世を忘れた私たちの生き方を表しているように思えます。
因果応報,カルマを表現しているように感じます。
そして,過去世も現代も実は同時に存在していて,それぞれが影響を及ぼしあっているというようにも取れます。

大人の童話のようで興味深く,楽しみながら見ています。
ドラマのエンディングに流れている中川翔子さんの『キボウノウタ』という歌も好きです。

虹1縮小.jpg
posted by spica-9 at 21:37| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
まさしく、その解釈が
このドラマを楽しむうえでの・・
もっとも素晴らしい解釈で
それをブログで教えてくれて感謝します。
Posted by ともき at 2014年12月09日 19:45
ともき様

コメントありがとうございます。

今、『2』をしているようですね。


カルマの法則から外れるには「無条件の愛」で
行動することだといわれています。
Posted by ホワイトシスター at 2014年12月10日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: