2014年09月03日

意識レベルを高めるために

友達への手紙

NHK朝のテレビドラマ『花子とアン』から

学生時代の恩師であるブラックバーン校長先生が花子に言っている言葉。
『これからの飛行機の進歩は世界を平和に導くか,世界をもっと悲惨にするか,
どちらかです。
われわれ人類は飛行機をどう使おうとしているのか,
平和か戦争か。

それは我々の上にかかっている課題であることをよく考えておきなさい。』


それは今の私たちの課題でもあるのですね。

心友のK・Aさんが,この次元で作られるもの(無機物,有機物などすべてのもの)について
「エネルギーの高いものからは,エネルギーの高いものが作られて,
エネルギーの低いものからは,エネルギーの低いものが作られる。」と
明解に言ってくれました。


ここでいうエネルギーが高いとは人の意識レベルが高いということを指しています。

そして使用する立ち場の私たちの意識レベルが高ければ「平和的」に,低ければ危惧する使い方をすることになってしまうのですね。

このことは,機械などの人工的なものから野菜等の有機的なのものまですべてにわたって言えることなのですね。

例えば食べ物でも食べる側の意識の高さで,低いエネルギーのものでも変容が可能ということをもさします。

意識レベルを上げるには,日々の生活の中で,愛からの選択をし続けることでそのような状態になっていくのですね。

愛からの選択とは,例えば食べ物でいうならば,,「感謝をしていただく」ということになります。
ほうせんか1.jpg
posted by spica-9 at 10:40| Comment(0) | 友達への手紙

2014年08月02日

今、理解していること

読者の方から,メールを頂いたので,その返事として書いたことを載せてみます。
(省略したり付け足している部分があります。)
*********************************
今の時点で私が理解していることを書いてみます。
参考になれば幸いです。

@ アセンションについて

10年以上前に「アセンションとは何ですか」とヴォイスの若月祐輝郎氏にたずねたところ「意識の変容です。」と答えられました。
その当時,私には難しい意味合いでしたが,今はそれが理解できるようになりました。

アセンションとは自分の意識の変容がアセンションです。
別にどこかへ行くことではありません。
アセンションはらせん階段を一歩ずつ上がっていくような状態がアセンションです。
それが積み重なると大きな次元,よく言われている「三次元から五次元へ」と移行していくことになります。

一歩ずつ階段を上がることは,日常生活の中で自分の内側を見つめて,不要なエネルギーを手放していくことで可能となります。
毎日の日常生活を大切に生きることが基本です。
自分が成長していくと周囲の環境や人間関係が少しずつ変化していきます。

なので,頭の中で考えてのアセンションは特殊な人でない限りむつかしいと思います。

A 「周囲の人たちにアセンションの邪魔をされている」と思うことについて

すべては自分から始まります。
アセンションをする,しないは他の誰かが,または高次元の存在が決めるのではありません。
自分自身が選択をすることなのです。

この世界は,自分の想いが作っているといわれるところです。
自分の中にあるものを鏡のように周囲の人たちや状況が見せてくれていて,それを
邪魔をされていると感じているようです。
周囲の人たちに言われる内容についても自分の中にある信念や思い込が引き寄せています。ご自分の内面を見て何がそれを引き寄せているのかを見つけてください。

宇宙の計画通りに2012年12月に地球自身がアセンションをして,新たな位置についてエネルギーが変わったのがわかりました。
今この地球にいるということは,私たちも一緒にアセンションしているということでもあります。
これからも,そして永遠にアセンションは続きますので,先に進みたくない魂は
以前の地球と同じような次元の星に生まれ変わって,そこで,再び学び続けるといわれています。だから,「消滅」はありません。アセンションのスピードが速いか遅いかの違いであります。

B 「神」について
日本の神社には神様がたくさん祭られています。
「人間として生まれて功を成したものが神として祀られる」という言い方がありますが,一般的に言われているのはそのような「神様」たちです。
そのような方たちが人間に生まれたのかはよくわかりませんが,高次元の存在の仲間入りをされていると思います。

高次元の存在たちは,私たちよりも意識が進んだ先輩たちと言ってもいいかと思います。何れは私たちもそのような存在になるでしょう。何億年とかかるかもしれませんが。

スピリチュアルな世界でいう「神」とは,この世界,宇宙,すべての創造物を作り出したもの,それを「神」や根本創造主,大いなる源,膨大な意識(木内鶴彦氏の表現)などと表現しています。
ここで働く法則はすべてエネルギーの法則で,自分が思ったことやしたことが自分に返ってくるということです。
大きな目で見ると,すべては自分,つまり,すべては一つということだと思います。

誤解してはならないのは,「神が助けてくれる」ということです。
これは「神」や他のものに依存しているということになります。
すべては自分から始まります。
  「自分でできる限りのことはした,結果は委ねる」という感覚がよいかと思います。

C 高次元とつながる

瞑想もヒーリングも何の効果がないように感じる時期があります。
実際は繋がっているのですが,今は一時的な状態でそれが感じにくい状態だと思います。
自分の深い所のものが出てきている状態で,言い換えると新しいステージのアセンションの階段を上り始めているということです。

私の経験ですが,こういう時期は,頭の中で考えすぎている状態だと思います。
地に足をつける,毎日の日常生活で体を動かして,周囲の人たちと話をして,楽しく過ごすことです。
言い換えると「過去に気持ちをはせるのでなく,未来を思い煩うのではなく,瞬間瞬間,今を生きることです。」

そうすると,再び高次元とのつながり,瞑想,ヒーリングの感覚が戻ってきます。

D 食べ物について
 本来一人一人に合った食べものはさまざまです。
人によっては,肉や魚などの動物性食品も必要なものでもあります。

ですから自分の体の声をよく聞いて食べることが大事です。
自分の状態が変わると自ずと食べ物も変わっていきます。

加工食品や薬等について,場合によっては利用することも必要な時があると思います。心配であれば,感謝をしていただくのがよいかと思います。
「感謝をする」ということはとても波動の高いエネルギーなので「ありがとう」や「愛」などとともに低い波動のエネルギーを変容させます。

E 情報について
 チャネリング等もチャネリングした人のエネルギーの高さで表現方法が変わります。
自分でよくよく「識別」することが大事です。
山法師.jpg
posted by spica-9 at 14:24| Comment(2) | 友達への手紙

2014年06月23日

あなたの物語を手放す

心友とメールのやり取りをしていて気付いたことがあります。

このブログでも紹介したことがありますが,「物語を手放す」という意味は次のようにも取れます。

私たちがメッセージやヴィジョンで見えたものは,その時の自分を含めたすべてのエネルギー状態がそのまま続いたら,「やがてそのようになるよ。」または,「その時点で必要なメッセーである。」ということです。

自分も含めたあらゆるもののエネルギー状態が日々,瞬間瞬間に変わっていくので,メッセージ通りやヴィジョン通りになるとはかぎりません。

よく言われるように「あなたの一つ一つの選択が,全体に影響を及ぼす」と。

ですから,メッセージやヴィジョンを生きることは大切なことですが,それにしがみつくことはよくありません。それは,「過去に生きること」または,「未来を思い煩うこと」ことでもあります。

今,地球を覆うエネルギーのスピードが非常に早まっています。

何かが違ってきていると感じたら,修正していく・臨機応変に対応する姿勢が,流れに乗るコツだと感じます。それが今という瞬間に生きることにつながります。


これが「あなたの物語を手放す」という意味でもあると思いました。

アカツメグサ.jpg
posted by spica-9 at 07:09| Comment(0) | 友達への手紙

2014年05月28日

愛からの選択を

私たちは,何かが起きると,その原因を外(他人や環境,物事など)に探し求めてしまいがちです。
現象としては,そうなのですが,「一番の原因は自分の中にあるものが,外に現象となって現れる。」ということです。
奇跡のコースでも何度も言われていることです。

・自分の中にあるものが外に現れる。
・人を変えることはできないが,自分が変われば,人や環境など周囲が変わる。
・すべてを許す,無条件の愛,愛からの選択

私は自分の役割や,使命ということに一生懸命になりすぎて,ある時ふと気づくと
その思いで,自分ががんじがらめになっていることがありました。

すべての起きることを受け入れる,抵抗はしない。
ここで抵抗すればさらに強力になっていきます。
しかし,ただ流されるだけではなく自分で精いっぱいに対処していくことは必要。

自分の心の中に「戦う姿勢」があれば,常に現象として戦いが挑まれてきます。

「許す,愛からの選択,無条件の愛の状態はすべてを克服する」

すべては,自分の状態から始まっていると思うこの頃です。
今,この次元で生きているわたしたちは,この課題をクリアーすることが必要だと思います。

そうすれば,自分の望む世界を創造しやすくなると思います。

参考 オーストラリアのスピリチュアル作家 
 マイケル・J・ローズ氏のメッセージ
**************************************
マイケルローズのフェイスブックより
3月17日

1日に起きることを,日々,自分で選択していますか?意識ある選択をしていますか?
あなたの思考を,話す言葉を,感じる思考を選んでいますか?
おそらく,多くの人はそうしていないのではと思います。

毎日,「意識的な選択をする」を意識して過ごしましょう。
意識ある選択は素敵な実践・練習であり,選択のパワーです。

今,この瞬間から選択しないでいると,過去にしてきた選択を繰り返すことになります。
繰り返しを生きることになります。何事も無作為はありません。

生命・人生とはすべてエネルギーについてです。
それは,今,作り出す新しいエネルギーか,過去からの古いエネルギーか,です。

メタフィジカルに人類を見ると,私たちはすべてエネルギーの流れです。
お互いにつながる,状況につながるエネルギーであり
その多くは,意識的な選択をしないままつながっています。

新しい流れのエネルギーを創造するには,意識して無条件の愛を選択することです。
Choose Love!
michaelroads.com

************************************
太陽の環.jpg
posted by spica-9 at 10:03| Comment(0) | 友達への手紙

2013年02月24日

友達への手紙5

友達への手紙5
「スターシードの使命」

私たちは,時々ふと「自分の使命は?」,「自分の役割は?」と
思いをはせる時があります。
****************************
確認のための参考になるかと思い,載せてみます。
本  光の翼 第U集『黄金の約束』上 ロナ・ハーマン著 大内 博 訳
から要約してみます。

スターシードとは,宇宙の案内人とも言われます。
「地球の実験に参加する魂の募集」の呼びかけに,
はるかな宇宙やはるか遠い文明から集まってきた
魂だともいわれています。

・それぞれの文明・世界の代表者としてやってきた。
・それぞれの人種の特別な能力を提供するためにやってきた。
・この実験での体験を通じて学んだ知識や情報を
それぞれの文明に持ち帰るためにやってきた。
  など

スターシードと呼ばれる人たちの地球での任務は
次のように言われています。
これらの一つないしは,いくつかにまたがる魂も
いるようです。


* この銀河系・太陽系・地球という惑星の複雑で精妙なデザインの
創造の手助けをし,地球の発達と固体化のプロセスを見守った。
中にはマグネティック・グリッドシステムと
レイラインを地球に敷設する手伝いをした人もいる。

* 自分の世界から鉱物や宝石のDNA,火・空気・土・水の
四大要素のDNAをもってきた。
地球で生息するための動植物や生き物の
青写真や周波数を持ってきた。

*人間の形をとってさまざまな文明の種を蒔き,地球での人種の元を創った。
五つの主要なルートレース(根となる人種)と数多くのサブレース(亜人種)を確立した。
 女神の光をもたらす役割をし「創造主の源」から流れる聖なる光を地球に固定した。

*魂のグループから分離して一つの魂になった時
 そして,男性ないしは女性の身体に分離した時,
自分自身の完璧な片割れを探すのが任務。

*リーダー,権力と権威の行使者,戦略家としてやってきた。
 与えられたこのような名誉に対して責任を果たし,
すべての人々にその能力を適切に開始することが大事。

*ヒーラーとして,世話人としてやってきた。
 これは極めて名誉のある任務であり贈り物であり,その才能を
本来あるべき形で使うことが大事。

*創造主と地球への圧倒的な愛情をもってやってきた人々は,
地球に愛と癒しを送るのが使命。

*教え,導き,知識が流れてとどまることのないように
するためにやってきた。
やがて進化して叡智となる知識を伝え,
そうすることによって変化を創出し,
新しい哲学を子どもの肥沃な心の中に植え付ける。
“・・・・・・あなた方の任務は天国のような地球を共同創造し,
スピリットの美しさと奇跡をどっしりとした肉体の形において
体験することなのです。・・・・。“

*肉体を持った状態で男性的な属性と能力を
女性的なそれとのバランスをはかるためにやってきた。

“あなた方はこの「神聖な計画」のどこを担当するのでしょうか。”
*******************************
以上要約。

自分の心の内を静かに感じてみると
自分が素直にしてみたいことが浮かんできます。
それが自分の役割であり,使命でもあるということに気づくでしょう。


諏訪神社.jpg
posted by spica-9 at 01:00| Comment(0) | 友達への手紙

2013年02月22日

友達への手紙8

友達への手紙8

この頃思うことがあります。

人は自分一人で考えて行動しているのではないと。

何かを成し遂げた時,「一人でがんばりました。」という言葉を
口にしたり,聞いたりすることがよくあります。

そこには,必ず周りの人たちの直接・間接的な協力があるのですが,
それ以外に,この肉眼では見えない世界の協力があるということを感じます。

「会社の理念や信条」を目にしたり聞いたりすることがあります。
これはその会社を創るときにかかわった人たちの思いが結集しているのですが,
そこには必ずその会社のスピリットがかかわっています。

スピリットを辞書で調べると
(肉体・物質に対して人間の霊的な)心や
神・ 聖霊などの意味があります。

この三次元で物事が物質化するには,
意識が介在するといわれています。
この意識が,スピリットであり,
高次元の存在たちなのではないでしょうか。

私たちが学んでいる時に
「サロン」を開設する時は,そのスピリットと共に
理念を創るということを学びました。

今,私がいる場所や所属している場所には,
それぞれのスピリットの存在を感じます。

なぜ今回このような手紙を書いているのかというと
最近,私が所属している場所の“スピリット”を感じたからです。
昨年,初めてこの場所に来る朝,
そこの場所での私に不足している大事な視点を
教えてくれました。
その時は,特に気に留めていませんでしたが。
2週間前の朝,その日の出来事を,
私に教えてくれるということがありました。
よく考えてみると,
これらの内容はその場所にとっての大事な事柄でした。

それは,私のガイドという存在ではなく,
別の力強い男性的な存在だという感じを受けました。
そして,これらのことを教えてくれたのが,
その場所の“スピリット”だと感じました。

よく就活する学生に「会社の理念を見て
自分に合っていない場合は,
その会社は,自分には合わないでしょう。」
ということを言いますが,
その通りだと感じます。

いろいろな条件を見る前に「会社の理念」を見て,
素直にどんな風に感じたかは,
その会社に長く勤めることが出来るかどうかに
かかわると思います。

その場所で,スムーズに心地よく存在するためには
そこに存在する“スピリット”の思いに馳せてみることも
大切ですね。

また,物を購入する場合にも
その会社の「理念」を参考にするのもいいと思います。

突き詰めていくとすべてのものや存在に
「感謝する」ということになるのですね。

月寒神社.jpg
posted by spica-9 at 15:50| Comment(0) | 友達への手紙

2013年01月28日

友達への手紙7

友達への手紙7

幻想の世界を一蹴する


よく「この世界は幻想」だといわれます。
それは,自分の心にあるものを映し出しているので
実在してはいないということです。

では,実在している世界とは何かということになり,
難しくなりますが
単純に神が創った世界が実在しているということです。
それを見るにはどうすればよいのでしょう。

自分自身が神を表せば(神の心と一体になる)
幻想は一蹴され,神が創った
光に満ちた喜びと感動の世界を
観ることができるということになります。

今の時点では
その第一歩が「真の知覚」に到達することだと
感じています。

これが肉体を持って,5次元の世界に存在することなのではないかと
思うのですが・・・・・・?

空.jpg
posted by spica-9 at 01:00| Comment(0) | 友達への手紙

2012年11月23日

友達への手紙6

最近NHKのBS1の世界のドキュメンタリー番組で
感動した番組がありました。
紹介してみますね。
**********************************
「コミュニティ合唱団」
〜ギャレスのコミュニティ合唱団〜  
イギリスのドキュメンタリー

ギャレスは歌うことが好きで、合唱をすることを人々に勧めています。。
各地に出向きそこの人々に合唱をすることで、人々に希望や生きる勇気
人と交わる楽しさを伝えています。

このドキュメンタリーでは、イギリスのある地方都市サウスオキシーに行き
そこの人々が一つにまとまっていき、
みんなで歌う楽しさにめざめ有名な合唱団になっていく過程が撮られています。

もう一つのドキュメンタリーは、イギリスの軍人が住む地域に出向きます。
夫がいつ死ぬかわからない死の恐怖におびえながらそして寂しさに打ち震えて暮らしている
妻たちを集めて、合唱団を作ります。そして、再び強く生きる勇気を得ていく彼女たちの姿
がとらえられています。

“ぼくたちには音楽が必要です。人生にもコミュニティにも音楽は欠かせません。
人間にはみんなといっしょに過ごす時間が必要だからです。
同じ場所に集い楽しい時間を共に過ごすことは社会のかなめです。
合唱団はその理想の形といえるもので豊かな人間性に満ち溢れています。
僕は、今日はサウスオキシー合唱団の中にそれをみました。
メンバーのだれもが歌うことを愛し歌うことを楽しんでいました。
サウスオキシーの街がこんなに歌うことに夢中になるなんて
誰が想像したことでしょう。“ 
ギャレス・マーロン
************************************

空.jpg


posted by spica-9 at 19:41| Comment(0) | 友達への手紙

2012年08月10日

友達への手紙4

友達への手紙4
「アセンションとは?」

アセンションは大きく見れば,地球や世界が
新しい次元へ移行することを指すことが多いのですが,
小さく見ると,自分自身の魂の成長がアセンションを意味することもあります。

アセンションの次元の間には,何枚もの薄いベールがあるといわれます。
そのベールを魂が成長するごとにくぐり抜けて,
自分自身と周囲がアセンションし,
自分が存在する次元が上昇していることになります。

わかりやすいメッセージがありましたので,転載します。

『大天使ミカエルのメッセージ
ロナ・ハーマン チャネリング , 大内 博 訳』
2010年2月『アセンションの道すがら』から抜粋
詳細はこちらをどうぞ
http://www.mfi.or.jp/hiroshi/aa_michael/10_02.html

抜粋
・・・・・あなた方の多くは最も重要な核心的な問題が表面化する周期の中に入っています。
これは,非常な混乱の原因となっている不協和なエネルギーのパターン/思考のパターンを,
これを限りにして中立化することができるようにするためです。
そうすることによって,
これらの不協和なエネルギーのパターンが
本来の形である純粋な光の物質へと戻ることが可能になります。

アセンションの道には数多くの段階と通過儀礼があり,
それは,猛烈な学習の時期,成長の時期,意識拡大の時期となって顕現し,
それに続いて同化統合の時期
があります。

同化統合の時期においては全てが停滞するゼロ地帯に迷い込んでしまったかのようで,
以前の混沌とした状態に戻ってしまったように感じるかもしれません。

私たちの父にして母なる神の脈拍と鼓動は様々なレベルの周期を創出し、
生きとし生けるものはすべて何らかのリズムの周期と波長が合っています。
高次元の下位局面を一つ上昇するごとに、体験と顕現の周期が非常に加速されることになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここまで抜粋

周囲が変わってアセンションをするのを待つのは違うようです。

自分自身が成長し,新しい次元に存在できる自分になること
これがつまり,アセンションですね。
このことは,自分でしなければ誰もしてくれません。

常に選択するのは,自分ですね。

こもれび2.jpg

スピリチュアルヒーリングサロンスピカ http://www.spica-9.com/

posted by spica-9 at 17:36| Comment(0) | 友達への手紙

2012年08月04日

友達への手紙3

友達への手紙3
「夢に向かって」

自分の心(魂)の声に従って一歩を踏み出すのは非常に勇気がいるものです。
今いる場所から出ることになるかもしれないし,人間関係がすべて変わるかもしれないし,
ましてや安全という保障があるのかどうかもわからないなどなど。不安や怖れでいっぱいになるからです。

今現状に不安や不満があっても我慢する方が,まだましと思ってそのままで毎日を過ごしているとしたら,
もう一度,心(魂)の声をきいてみましょう。

勇気をだして,1歩を踏み出している方たちと最近知り合いました。
紹介します。

☆M・Tさん 男性(31歳)山形県南陽市出身
再来年 自分の旅館と割烹を持つことを計画して,
今まで全国の割烹や宿泊施設の厨房を修行して回っている。

「旅館は毎日,5組ぐらい限定で,和そばを中心の献立でいきたい。
そばは,山形県の南陽市で実家が作っているものを使い,水は山から流れている新鮮な水を使う。
自分が丁寧に迎えられる人数が5組ぐらいなので。」と瞳を輝かして語ってくれました。

そして,彼が持参したそば粉で,彼の大事なそば打ちの道具を使って
(全国を持ち歩いているようです。)
そばを打ってくれました。
そばを打ち始めて5年になるそうです。
「そばを打っているときは何を考えていますか?」
「何も考えていない。目の前のそばが
どのようになっていくのかだけを観ている。
打っているときは楽しい。」


画像-0055.jpg

画像-0064.jpg

画像-0066.jpg             この包丁13万円するそうです。

画像-0067.jpg
画像-0069.jpg

画像-0070.jpg

       麺は1日冷蔵庫で寝かせるそうです。


1日冷蔵庫で寝かせたそばを翌日頂きました。
みんなで「おいしい。」の連発。
「おいしい」の一言に尽きます。
手打ちそばが高いのもうなづけました。
ちなみにそば粉100%でつなぎなし,打ち粉もそば粉です。


☆子連れバックパッカーで世界を撮る / 旅人フォトグラファー ユーマ ファミリー
(相互リンクのメールを頂き知りました。)

現在2人の子供を連れてリュックを背負い世界を旅しているフォトグラファーです。
写真も旅もまだまだ始めたばかりのド素人の僕たちですが,
ひとつの目標を達成するため,毎日忙しく頑張っております。
写真の勉強はもちろん,色々な人たちの感性を学んでいきたいと思っています。
いつか” とか ”そのうち” という言葉ほど危険なものは無い
”その夢は叶わない”と言っているようなものだ
保証の無い未来に生きるより,今を精一杯生きるほうがいい

僕たちのサイトは
Never Give Up
http://yuuma7.com/

既成の概念にとらわれない生き方をされている方々です。
自分の声に素直に従って進まれていると感じました。
その勇気にエールを送りたいと思います。

真実はその人にとっての真実ですね。
周りの者には,計り知れないものがあります。

山2.jpg

スピリチュアルヒーリングサロンスピカ http://www.spica-9.com/

posted by spica-9 at 23:18| Comment(0) | 友達への手紙

2012年08月02日

友達への手紙2

友達への手紙
「幸せとは?」

人間は,生まれてきたのは苦しむためではなく、幸せになるためです。
これは誰もが望んでいることであり,誰にも平等にある権利「生得の権利」です。

人はどんな時幸せを感じるのでしょうか。

おいしいものを食べているとき,好きな映画を見ているとき,おしゃれをして出かけているとき,好きな人と一緒にいるとき,好きなゲームをしているとき,など人によっていろいろあるでしょう。

実は,これらは,自分の外側にあるものによって感じる幸せです。
では,これらのものがない時,人は幸せを感じないのでしょうか?

究極の「幸せ」とは,外部にある条件とは無関係に心の状態が幸せであることを指します。

それはどのようにして,その状態になるのでしょうか。

ヒントになるものをあげてみます。

“NHKBS番組 ドキュメンタリーWAVE『スティーヴ・ジョブズの子供たち』の中で,
☆友人 ビル・フェルナンデス氏
「・・・・・・この国は流れ作業のように 大学へ行き,就職をし,結婚して家を買うのが幸せだという考えを植え付けるところがある。
ジョブズは「そんなレールに乗るな。それが幸せにつながるものではない 。」
と言いたかったんです。」“

このことは日本の社会でも似たような考えがあるのではないでしょうか?

そして,スティーヴ・ジョブズ氏はこう言っています。
“人生は時に煉瓦で 頭を殴ってくる
信じることをやめてはいけない

たまらなく好きなことを
見つけなければならない
仕事でも愛する人でも

核心に触れることは
それを見つければわかる

だから 見つかるまで 探し続けるんだ
妥協は禁物だ“

また,木内鶴彦氏は「第1回ForumSORAより要約」の中で次のように言っています。

 “私たち人間には,肉体と意識が存在しています。
肉体が本来持っている能力は,意識によって引き出せることを,
わたしは臨死体験から学びました。
その引き出した能力をすべて使い切ることで,
地球で生きることや,自分にとって本当に楽しい人生が
何なのかが分かってきます

 しかしこれは自分で探すしか方法がありません。
環境を変えたり,いろんな所に出向いてみたりすると
キーワードにふと気づくことがあるのです。
その瞬間,本来の能力や人生観といった,
すごくリアルなものが意識から吹き出してきます。“

ふたりの方が共通して語っていることは,
本当の心の奥にあるもの,望んでいることが何なのかを
自分で見つけなさい。妥協せずに,あきらめずに。
核心に触れれば自分にはわかるし,それが幸せな状態ですよ。

心の奥にあるものは,もしかしたら,
生れる前に決めてきた今世での「使命・目的」かもしれません。
それは人によって,全部違うので,自分で見つけるしかないのです。

例えば「助ける」ことが使命だとします。
「人を助ける」ことの職業に就くことをすぐ思い浮かべます。
医療関係,福祉関係,教育関係など。
でも仕事に直結しなくていいのです。

もしかしたら,職場の人たちの相談相手をすることかもしれません。
また,近所の方のお話を聴いてあげることかもしれません。
それをしているとき,「私はとてもしあわせ,満足の状態」であれば,あなたは今世での使命を果たしているのかもしれません。

「助ける」ことが使命であれば,その方法はいくらでもあります。

人間が生まれる前に一生の青写真は大まかに作られていて
詳細な部分は,生まれてからの自由意思で,選択の自由があるといわれています。

人間にとって大事なことは,「何をしているかまたはしたか ではなく,どういう心の状態であるか」だといわれています。

今のあなたの心の状態はいかがですか。

もしかして,不満不安だらけであるのならば
心(魂)の声を聴いてみましょう。

心(魂)は何といっていますか?

映し出す.jpg

スピリチュアルヒーリングサロンスピカ http://www.spica-9.com/
posted by spica-9 at 21:20| Comment(0) | 友達への手紙

2012年07月10日

友達への手紙

7月5日  分かったことがあります。

私たちは多次元的存在といわれます。多面的存在ともいえるでしょう。

最終ゴールは決まっていますが、選択を繰り返して、いろいろなコース
つまり並行現実というか多次元にそれぞれの自分がいてたくさんの道があるようなものです。
実は、今の次元、今の道にフォーカスしているだけなのです。


現実は幻想とよく言いますが、まさしく自分が創り出した幻想です。
今見ている現実は、自分の心の中にあるものをそのまま映し出しています。
すべて、自分の責任であるということです。
引き寄せる人も。もし自分が変われば、同じ人を引き寄せても
違う面を見せます。
というか違う次元の自分とその次元にいるその人を引き寄せます。

ではどうすればそのコース(次元)に変ることができるのでしょうか。
楽に楽しくゴールに進むには、自分の中をクリアー、「空」にすることです。
これが、仏教でいう「空」であり、ゼロポイントであり、
ホ・オポノポノでいうクリーニングだと感じます。
Bさんのいう完全なクリアーな状態と同じだと思います。。
そうすれば本来の道をスムーズに連れて行ってくれるのです。

ではどこで選択を間違えた?
いえいえ自分が体験したいものを引き寄せたから今がある。
でもそれを体験したいとは思っていなかったのに。

いつでも修正可能です。
ゼロポイントにもどればすむことなのです。


これがホ・オポノポノでいう潜在意識にある、自分が魂として神の火花として
誕生してから今までの記憶が複雑に絡み合ってそうさせているのです。
だから、潜在意識の記憶をクリーニング(クリアー)にすることが必要。

私たちがすべきことは、ただクリアーにし続けることだけでいいのです。
何かをするとき、どこかへ出かけるとき、とにかくそのことに関してクリアーにして、そして直感にしたがえば創造主(ガイドたち)がちゃんと導いてくれます。

たとえば、私が理解し実践した方法では,
誰かに会うとするとその人の名前を言って
それに関して
ただ浮かんできた言葉でもイメージでもエネルギーでもそれに対して、
「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。」
を言って手離すだけでいいようです。

最初は感情がこもらなくてもいいそうです。
この言葉を言うだけでいいのです。

記憶・感情は一度には消えないかもしれないので、何度も何度も繰り返します。

時間を置いたり、日を変えたり。

そうしたら、状況が自然と整ってきます。不思議と。

*注意:こうなってほしいなどの期待はしないこと。
それはコントロールを意味し、
本来の道を外れる可能性があります。

是非ためしてください。


映し出す.jpg
posted by spica-9 at 07:10| Comment(0) | 友達への手紙