2018年08月17日

「疲労」

「疲労」ということを客観的に見ると

マイケルのメッセージから
“・・・疲労とは,
あなたとあなた自身との関係のあり方,
あなたとあなたの人生との関係のあり方によります・・・”

ということのようです。

確かに,
「普通だったら疲れるはずなのに元気」
という時もあれば
「こんなことぐらいで疲れるなんて」
ということがあります。

そのような時は,自分の思考や行動を
振り返ってみようと思います。

きっと,何かに気づくだろうと思います。


マイケルのメッセージ
***************************
疲労とは,あなたとあなた自身との関係のあり方,
あなたとあなたの人生との関係のあり方によります
https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12397555880.html

**************************
黄マリー10%.jpg
posted by spica-9 at 20:20| Comment(0) | 日記

2018年08月16日

オープンな生き方

今日のマイケルのメッセージの中から、
私が「あっ」と気づかされた箇所です。

“・・・もし、「それは、・・・だ」と断定的に言いきる時、
私たちは、新しさの扉を閉ざしてしまいます。
  
「それを、・・・のように私は経験した
・・・のように私は思っている」と言うなら、
それは、はるかにオープンな生き方となります。
一般的ではありませんが・・。”


マイケルのメッセージ
******************************
古くなった信念や思い込みを取り払い、
あなた自身と人生の素晴らしい可能性・・それが本来のあなたです

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12398189783.html

*****************************
満濃池3.jpg
posted by spica-9 at 21:09| Comment(0) | 日記

2018年08月10日

恐れから生きるのではなく

恐れや不安がある時は、
かつて観たドラマやニュースの暗い場面を思い出しています。
考えてみるとそのような記憶は、不必要なものですね。

できるだけ、そういうドラマやニュースからは、
遠ざかるようにしています。



今日のマイケルのメッセージから

“恐れは自分で作り出すものです。簡単に言うと、
恐れは、否定的な想像力を働かせた結果であり、
潜在意識のプログラムが働いています。
   
そうならないよう、この瞬間の新しさを生きるのです。
この瞬間を意識するとき、決して恐れを、
不安を選ぶことはありません。
不安も恐れも、潜在意識からの意識しない選択です。・・・”



マイケルのメッセージ
*******************************
恐れからではなく、愛から生きましょう!
あなたは、あなたの人生の創造主です

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12396877975.html

************************
3杉の花.jpg
posted by spica-9 at 17:25| Comment(0) | 日記

2018年08月09日

『成長する魂』

魂,意識,ということに非常に興味を持っている私です。
どういうものなのか,という疑問が常にあります。

知識で理解するものではないことはわかっていますが,
言葉として「知りたい」ということを
今日のメッセージはかなえてくれたように思います。

うれしくて涙が出ます。
とても自分を愛おしく感じます。
きっと私の魂が喜んでいるのだと思います。
ありがとうございます。


マイケルのメッセージの中から
“私たちは,魂です。
魂は,魂の成長,意識の成長をいつも意図しています。”

“魂は肉体を超える多次元的な経験をしているときも,
物質的に経験するときと同様の課題を学んでいます。
これが魂のしていることです。”

“永遠の生命は,直線の時間に制限されません。
魂もです。
私たちは,直線のタイムラインのどこにでも
生まれ変わることができます。
つまり,未来がほとんどですが,
過去に生まれ変わることもありえます。
ですが,いつもふさわしいところ,適切なところに,です。”


今日のマイケルのメッセージ
**********************************
成長する魂であるあなたのために,いつも意識して愛を選択しましょう!

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12396646312.html

**********************************
葵5%.jpg
posted by spica-9 at 13:08| Comment(0) | 日記

2018年08月08日

感情的な不安定は,どこからくる?

私たちは,感情的な不安定を自分以外の人や物に
原因を見つけ出そうとすると思いますが,
実は,・・・・・・・

マイケルのメッセージの中から
“感情的な不安定は,すべて,
あなたとあなた自身の関係が基本にあります。”

マイケルのメッセージ
***********************************
あなたが自分を愛し信頼するとき,
感情の不安定は,あなたの現実に存在しなくなります

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12396417753.html

**********************************
20弥山.jpg
posted by spica-9 at 22:06| Comment(0) | 日記

2018年08月07日

「落差」のバランスをとる


つい先日,この落差にはまってしまいました。
朝から,「何で,理由もなく気持ちが沈むのかしら。
いつもの高揚したエネルギーが
沸き上がる感覚が出てこないのはなぜ?
何が悪いのか?・・・・・・・・・・・・」

思わず弱音を吐いてしまいました。

すると,周囲の人たちが,
それとなく励ましてくれているような感じです。
その人たちには,何も言っていないのに
雰囲気(エネルギー)は伝わるのですね。

夕方頃には,いつものように元気になっていました。

皆さんの優しさに感謝をしました。


マイケルのメッセージの中から
“・・・最高の経験に執着しないこと
その高揚がさめてがっかりしない,
自分を責めないことも,大切です
日々,しめされた真実を生きるなら,
バランスがもたらされ次第に,
その落差は小さくなります。・・・・”
   
「最高の経験に執着しないこと」
「自分を責めないことも,大切です。」
「その落差は小さくなります」
なんとなくわかりかけています。
わたしにとって,うれしいメッセージでした。

今日のマイケルのメッセージから
****************************
あなたを成長させるのはあなたです,
あなた自身の真実と洞察を生きると成長します

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12396192812.html

*************************
夕焼け50.jpg
posted by spica-9 at 22:07| Comment(0) | 日記

2018年08月06日

「信頼する」とは?

私も時に,不安や恐れを感じることがあります。
今までよりは,それは軽く,短時間に手放せるように
なりつつあります。

「無条件に自分を信頼する」
私もその途上です。



今日のマイケルのメッセージ
************************

あなたに完全な信頼があるなら,不安も心配もありません,
いつも意識して愛を選択しましょう!

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12395955863.html

*************************
葵5%.jpg
posted by spica-9 at 11:44| Comment(0) | 日記

2018年08月03日

創造の法則を学ぶ


マイケルのメッセージの中から
“あなたは永遠の魂として,創造の法則を学ぶために三次元の現実にいます。”

「創造の法則を学ぶためにいる」
なんてワクワクすることなのでしょう。


今日のマイケルのメッセージ
*****************************

あなたが毎瞬作り出す方向と中味,その現実を生きることは,
創造の法則を学ぶとても効果的な方法です

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12395261232.html

*****************************
白い道.jpg
posted by spica-9 at 16:35| Comment(0) | 日記

2018年08月02日

「恐れに向き合う」

私もそうなのですが,大半,いえほとんどの人が,
常に何かに恐れや心配をしているのではないでしょうか。

考えてみると,それは,今起きていることではなく
この先,「もしかしたら」ということで,
空想をしている状況だと思います。

恐れに「向き合う」,恐れのもととなるものを「解決する」。

恐れを手放す,今を生きる
私もこれを実行中です。

マイケルからの今日のメッセージ

*******************************

恐れがあるところに愛はなく,愛のあるところに恐れはありません,
いつも意識して愛を選びましょう

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12395032551.html

******************************
マリアのゲート.jpg
posted by spica-9 at 11:20| Comment(0) | 日記

2018年07月31日

純粋な意識のスペース

「・・・・・人は99%がスペースで,物質は1%以下です。
このスペースはエネルギーであり,純粋な意識です。・・・・・・」
(マイケルのメッセージから)


以前,木内鶴彦さん(彗星探索家)が講演会で,
「・・・たくさんの意識が体の内臓や細胞を作っている・・・」
「・・・私たちの周りの空間は意識で満たされている・・・」と
いうような内容のことを話されていました。


また、読んだ何冊かの本には、
人体は宇宙にたとえられて書かれている部分がありました。

が,正直なところ,私は,よくわからないままでした。


でも今日のマイケルのメッセージを読んだとき,
そういうことなのか,と思いました。
(理論的に理解したのではなく,感覚で

私にとって新しいとらえ方です。


マイケルの今日のメッセージから
***************************

毎日エネルギーを高める選択をしましょう・・
意識して愛の選択を!

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12394545670.html

***************************
横向きの龍.jpg
posted by spica-9 at 12:31| Comment(0) | 日記

2018年07月30日

「快適ゾーン」から「変化のゾーンへ」

変化を起こす,変化の波に乗る,それらは,とても勇気がいります。

でもその勇気を出した時,新しい世界が待っている,
そんな感じを受けたメルマガでした。

マイケルローズジャパンの
2016年の9月のメールマガジンからの転載です。
キャロリンの体験が書かれています。
キャロリンはマイケルの奥さんです。

*マイケルローズジャパン 公式サイト http://michaelroadsjp.com


**************************
【マイケルJローズ メルマガ第85号】から
キャロリンの言葉

インテンシブツアーの間,私は「いごこちのよい空間」にいること
ができませんでした。

インテンシブ中に,皆の前で話すようにと,何年も,マイケルが
私をしつこく励まし続けてきました。私は避け続けてきましたが,
今回は,「横に座って停滞したままと,皆の前で話しをし成長する,
どちらがいい?」と,マイケル。彼は私を追い詰めました!


正直なところ,座り続けて,停滞するほうが魅力的でした。
それでも,マイケルから小さく見られたくないし,何よりも,
彼を黙らせたかったので,私は渋々同意したのです。

嫌だったのは,皆の前で話すことではなく・・「何を話すの?」
でした!

   
私は,若い頃,何年も,仕事でカメラの前に立って話しました。
しかし,いつもそこには暗記したらよい原稿があり,原稿を拡大
して見せる装置もあり,また,キーワードを記したカードもあり
ました。自分の言葉で話したことはなかったのです。

信頼と決めて,私は思いきって飛び込みました。誰もが経験して
いると思いますが,「快適ソーンから引っ張り出される」ような
何かをする・・そこに思いを巡らすだけでへこみそうになります。

実際に行動を起こしているときのほうが,よっぽどましです。


人生とは,あれこれ考えなければ,もっと簡単になります。
必要な思考のことではありません。あらゆる状況,過去,現在,
未来がどうだったか,どうあるべきだったか,どうなるだろうか
(ああ,なんてこと・・・恐れ・・恐れ・・恐れ),といったこ
とをぐるぐる批評する思考です。

私は,思考のおしゃべりをやめることを学び,何年も静かにして
いたのに,話をする機会が近づいてきた時,再び,思考のおしゃ
べりが私を乗っとりました。

   
私は,自分に質問しました。
「どうしてこんなにぐるぐるとあれこれ考えるの?」
「どうして恐れを感じるの?」

すると,まったく違う質問がわいてきました。
「あれこれ考えることが,私の役に立つ?」

次に,私の中にある変化への抵抗が,意識の成長への抵抗が見え
ました。人生の傍観者になるほうが,参加するよりもはるかに
簡単です。マイケルを敬愛する妻として,彼の近くに座り,マイ
ケルが話しをしている間,彼に微笑みかけるほうが,はるかに
簡単です。

私の潜在意識は,変えたくないと必死でした。

    
ええ,ハートの深いところで,私が,話をするタイミングであると・・
「知」っていました。しかし,私のとりとめのない思考は,この静かな
「知」を大きな声でハイジャックしていたのです・・しかし,意識は
「知」っています。

私は,本当の私ではなく,このとりとめのない思考と私と同化して
いました。

  
真の自由は,思考からの自由です・・・
思い癖や繰り返す思考のおしゃべりからの自由です。
私たちを支配するとりとめのない思考からの自由です。

とりとめのない思考は,私たちを不調和へと追いやります。
過去への後悔,未来への恐れからの自由です。
今この瞬間よりも,あっちのほうがよさそう・・からの自由です。
  
あれこれ考えないことによって,私たちは,異なる意識状態へと向かう
のです。

  
それで,私は,話すことについてあれこれ考えるのをやめました。
そして自分に「できる,できる」と話しかけました。うまくできると。

インテンシブ一つ終わるごとに,私は,段々リラックスしていきました。
それに,思っていた以上に,皆さんからうれしい反応がありました。

マイケルのパワフルな男性性のエネルギーに,私のパワフルな女性性の
エネルギーが加わるとバランスがよくなるのでは,と思います。


「できると思えばできるし,できないと思えばできない」のです。
このようにして,私たちは自分の現実を作っています。ですから,直面
していることがなんであれ,あなたの情熱が向かうところが何であれ,
あなたにはできるのです。ただ前へと進みましょう。

あなたの抵抗と快適ソーンを壊してしまうのです。
愛の流れに身を投げ,ハートのささやきに耳を傾けましょう。

決して,悪い流れにはなりません。
頂きを越えると,そこにはいつも新しい地平線があるのです。 


愛をこめて,いつも キャロリン

*****************************

◎マイケル・J・ローズの世界へ
のバックナンバーはこちら
http://archives.mag2.com/0000288961/index.html?l=pvu164be72

******************************
マリーゴールド1.jpg
posted by spica-9 at 20:00| Comment(0) | 日記

自分自身に正直に

振り返ってみると若い頃は,「正直に生きていたなあ。」
と思います。
でもその頃の「正直」は誰に対しての正直だったのか?
それは,自分以外の「人」に対してです。

いわゆる「優等生」だったのかもしれません。

でも,人生が思ったように行かなくなった時から,
自分探しを始めたようです。
30代になってからです。

そして,徐々に自分の本当の思いを受け止めるようになって,
自分自身に対する壁を壊していったように思います。

本来の自分自身になっていくと
ほんと軽くなっていきます。


マイケルのメッセージ
************************

あなたが愛を選ぶたびに,あなた自身のユニークさがきわだち,
輝くでしょう,Choose Love!

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12394316412.html

***************************
葵5%.jpg
posted by spica-9 at 09:55| Comment(0) | 日記

2018年07月29日

「愛」とは?

「愛」を本当に知っている人は,
この世界では少ないのではないでしょうか。
そういう,私も
知らなかったことを知った一人です。


マイケルの今日のメッセージの中から文章を拾ってみます。

“条件付きの愛は感情であって,
本当の意味の愛ではありません。”

“愛は,無条件です。いつも。”

“「愛する」ということに到達点はありません。”

“まず,自分を愛することです。
自分を本当に愛するとき,
すべての人を愛することができるからです。”
    
“それが地球の変化の時代に,
あなたを最善へと導くでしょう。
いつも意識して愛の選択を!”



マイケルのメッセージ
****************************
私達は愛のなかで成長し,
愛は私達の中で成長します,
そこには到達点はありません,
素晴らしいことです

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12394079630.html

**************************
彩雲.jpg
posted by spica-9 at 21:06| Comment(0) | 日記

2018年07月28日

「動物に見る恐れ」とは?

1月17日のものですが,
マイケルローズジャパン代表の大亀安美さんが
マイケルのフェイスブックを載せてくれました。


この内容を読んでから,
動物を観るとき,以前とは違う見方をするようになりました。

とても,興味深いことなので,シェアをしてみます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

マイケルの最近のフェイスブックです!
Entering the Secret World of Nature より
*****
私たちが動物にみる恐れ,
それは人間の感情を投影した見方にすぎません。
   
私は光の体で,全的に蛇を経験したことがあります。
その蛇は,パフアダーという猛毒の蛇でした。
   
そのとき,人間がやってきました。
蛇から見ると,その人のエネルギーは渦巻く混乱でした。
蛇は明快・透明な世界に生きています。
すぐに女性は蛇に気づきました。
彼女は恐怖で凍りついて止まりました・・・
十分襲える距離です。
    
蛇が舌をチロチロ出したり入れたりするので,
人間からやってくるフェロモンを味わうことができました。
フェロモンのエネルギーは不自然でまったく嫌なもの,
実に不快なもの,とても否定的な匂い,味のようでした。
    
急速に勢いをます蛇の敵意を感じました。
蛇の本能にあるのはそのとても否定的なものを襲い殺すことでした。
    
蛇の中にいる私は,
蛇が噛もうとしているのは人間ではないことがわかりました。
噛もうとしているのはその不快なエネルギーでした。
     
残念ながら,人間はこの不快なエネルギーの源です。
その瞬間,彼女は叫び声をあげ,飛びのいて,逃げ出しました。
  
まだ不快なものを感じることはできましたが,
さらに遠く逃げていったので,それは遠のきました。
   
これが,人間の恐れと私たちの言う動物の恐れが
とても違うことを知った初めての経験でした。
それは恐れとはまったく違いました。
    
もし,その人が愛を選択していたら,
その経験はかなり異なるものになったでしょう。
Choose Love!
*****
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

夕焼け50.jpg
posted by spica-9 at 00:19| Comment(0) | 日記

2018年07月27日

本来の自分になるために

マイケルのメッセージから

「・・・・・・日々の暮らしで,否定的な状況に置かれたとき,
どんな些細なことでも,すぐに反応しないで,少し間をおき,
意識して愛を選ぶ,愛に焦点をあてることです。・・・・・・・」


マイケルからのメッセージ

************************

この瞬間を意識して生きること,それは人生への鍵となります・・Choose Love!

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12393641701.html

*******************************

スキー場.jpg
posted by spica-9 at 10:34| Comment(0) | 日記

2018年07月26日

「不都合な?」真実

「不都合な真実」という言葉はいろいろなところで
使われているようですね。

誰にとって「不都合なの?」と思ってしまいます。


歴史のとらえ方もいろいろあるでしょう。

日本国内でも,諸外国でも,
真実の歴史が隠されている部分は
たくさんあるようですね。

私は歴史には疎いし,さほど興味もないのですが
「エネルギー的に」感じるものがあります。


大事なことは,
物事を正しい・間違いという二元性でとらえるのでなく,
ありのままにとらえる,ということだと思います。


私は,個人レベルでの
「インナーチャイルドヒーリング」は
とても大事だと思っています。

それと同じように国や地球レベルでの
“インナーチャイルドヒーリング”も
必要かと思います。


「インナーチャイルドヒーリング」にたとえてみると

今吹き出ている状況の数々は,過去からの続きであり,
抑えられ続けているエネルギーを表に出して,
調和することを迫られているように感じます。

そこには,正しい・間違っているという価値判断を
するのではなく,
ただ,ありのままにとらえる。


そこに直接・間接的にかかわっていた・いる人たちの
抑えられた双方の恨みや苦しみ,
そして双方の悲哀など,
そのようなエネルギーを表に出して,
ヒーリングをすることが必要だと思います。


それをすることで新しい時代に向けて
初めて,一歩を踏み出せると思います。


9年前に富士山頂を飛んでいる時に受け取ったメッセージ
「明けて」は
こういうことなのかな
と今,個人的には思っています。


では,「個人レベルで,どのように国レベルのヒーリングを
するの?」ということになりますが。

私たちの集合意識が,現実を創っている。
私たち一人一人が誰でもできること,
それが「自分を愛し,愛の選択をし続ける」こと。
そうすることで,集合意識が変わると,現実が変わる。
「ワンネス」。


個人レベルでの大掃除も強いられていますが,
国レベルでの大掃除も
必要な時期に来ているようですね。

貫く.jpg
posted by spica-9 at 14:33| Comment(0) | 日記

2018年07月25日

『ワンネス』とは?

私は,これまで,
「ワンネス」や「私たちは一つ」という言葉を聞いたり,
軽く言葉にしたりしたとはあります。

でも,頭での理解であって,本当のところは,
体感しているというのではありません。


今日この
マイケルのメッセージを読んだとき,とても感動して,
涙が出ました。

ありがとうございます。


マイケルのメッセージから
*************************

私たちは,すべての生命とつながっている。

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12393159109.html
***************************
豊かさ5%.jpg
posted by spica-9 at 20:21| Comment(0) | 日記

2018年07月23日

「広大な現実」

「人々の意識レベルによって
見えている世界や体験している世界がちがってくる。」
という内容になるほどと思いました。



今日のマイケルのメッセージの内容から

『・・・・私たちには二つの世界があります。
一つは幻想の世界です。多分,多くの人が幻想の世界にいます。
幻想の世界は個人的な現実に基づいています。
    
もう一つの世界は無条件の愛と真実の世界です。
この世界を経験している人は少ないでしょう。
これは広大な現実です。・・・・』



マイケルのメッセージから
*****************************
あなたの世界への見方をより広大なものにしたい,
高めたいなら,たえず意識して愛の選択をすることです


https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12392722178.html

***********************************
葵5%.jpg
posted by spica-9 at 13:40| Comment(0) | 日記

2018年07月22日

『内なる変化への道は』

自分の内側が変化すれば,
外側に見える世界も変化をしてくる,
それを実感しつつあるこの頃です。
自分にとって世界が優しくなってくる,そんな感じです。


ふと,感じたこと。
「歴史は繰り返す」という言葉を思いだして,
思ったことがあります。

生まれ変わって別の人間になったとしても
意識レベルが同じ状態のままだったら,
同じことを考えて同じように人生を生きる。

だから,時代は変わっても昔と同じことをしてしまう。
「歴史は繰り返す」


もし,大勢の人が意識レベルを上げたなら,
同じ歴史は繰り返さないだろうと
思いました。


マイケルからのメッセージです
*******************************
内なる変化への道は,いつも意識して愛を選ぶことです!

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12392486600.html

*****************************

剣山から.jpg
posted by spica-9 at 19:40| Comment(0) | 日記

2018年07月21日

『自己受容』とは?

私の場合は,自己受容に向かっている最中といえるでしょう。
というのは,あるがままの自分を受け入れている時間が
長くなっているようですが,
時たま,自己批判している自分に気づくことがあります。


そういう時は,その瞬間を意識していなくて,
先程の事や過ぎ去ったことを
思い出している時です。

「あっ自分を批判している」と気づくと,すぐに手放して,
あるがままの自分を受け入れるという方向に意識を向けています。
そして,今という瞬間を意識するようにしています。

自己をあるがままに受け入れることができている時は,とても緩んでいます。




マイケルのメッセージ
**************************

すべては,あるがまま,いつも愛を選択しましょう!

https://ameblo.jp/michaelroads/entry-12392259717.html

**********************
マリーゴールド1.jpg
posted by spica-9 at 21:13| Comment(0) | 日記