2017年02月09日

『メン・イン・ブラック3』

メン・イン・ブラック3

テレビで観たのですが,とても面白い映画でした。
詳細はこちら
ウイキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF3

この中で未来が見えるグリフィンが話しているセリフや最後のシーンに
とても共感しました。

「たくさんの未来が全部本物だ。そのうちどれが現実になるか決まるまでは全部起きている。
この瞬間地球人の歴史においてハイライト。
あらゆる物事がメッツの優勝に向けて動いている。」

        (すべての出来事を意味する)


最後のシーン
“現在に戻ってきたJはKと食堂で会う。二人が席を立とうとすると,別席のグリフィンが,Kがチップを払わないと地球が大変なことになると観客に警告するが,Kがチップを置きに戻ってくると,地球に向かっていた小惑星が間一髪,軌道周回中の人工衛星に衝突。地球は無事救われる。”


今という瞬間の私たち一人一人の思いや行動が,私たちの現実を創造している。
すべて,「今」という瞬間が「ハイライト」。
だから,私たちは「創造主」である

ということを分かりやすく伝えてくれた映画の一つでした。
生まれ出る.jpg
posted by spica-9 at 18:25| Comment(0) | 日記

11日満月の同時の祈り

11日は立春を過ぎて初めての満月ですね。
しし座の満月だそうです。

満月の同時の祈りをします。
興味ある方はどうぞご参加ください。


毎月,満月の夜,
たくさんの方々と
地球とすべての人々,すべての創造物に愛を送る瞑想・祈りをして
います。

私たちが今ここに存在して,生活できるのは,
地球があってからこそですね。
地球は無意識の物体ではなく意識ある存在です。


多くの方と同時に瞑想・祈りをすることでエネルギーが倍増します。

〜〜**〜〜***〜〜**〜〜***〜〜**〜〜**

地球,全人類,全創造物の最善を意図して
愛をおくる瞑想・祈りを行います。
全宇宙に愛を送るととらえても良いです。

愛の状態がよくわからない方は,
自分が最高に楽しい時の状態をイメージしてみるといいです。

方法はご自分の好きな仕方でどうぞ。

あなたのいるその場所で,いすにすわっていてもいいし,
畳の上に座られてもいいです。

軽く目を閉じ
そして,軽く背筋を伸ばし,
脚は肩幅に開き,
両手は太ももの上に
軽くおきます。

夜10時から10分間行います。
長くされたい方はそのまま
ご自分の良い時刻までしてください。

ご興味のある方はどなたでも参加できます。
どうぞご参加ください。

満月.jpg



雪の中の月.jpg今夜は雪がちらつく中に月が見えました。
posted by spica-9 at 18:19| Comment(0) | 満月の同時瞑想

2017年02月07日

『最強のふたり』


実話を基にした2011年のフランスの映画です。
最近NHKで放映されたものを観ましたが,とても感動しました。


ウイキペディアから
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E5%BC%B7%E3%81%AE%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%82%8A

「頸髄損傷で体が不自由な富豪と,その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を,ときにコミカルに描いたドラマ。」


この二人は,育った背景やものの考え方も全く違い,世間の常識からすれば
絶対うまくいかない二人だと結論付けられそうですが,違ったのですね。

それは,お互いが心を開いて,相手を受け入れるということができたからだと思います。
そこには思い込みや偏見ということに惑わされない二人がいたということでしょう。
そこから,信頼関係が生まれ強い絆が結ばれていったのだと思います。


ちょうど,タイミングよくマイケルの本のこの文章を読んでいました。

『愛の目を通して』 マイケル・J・ローズ(著) 大亀安美(訳)
ナチュラルスピリット(出版)
第2章 リンドウの体験 2004年  P45から

“相手と心から向き合い関係性を育んでいくと,そこにはそれ自体のエネルギーが生まれます。・・・・ハートにおける活動であり,意識で創造されるものです。二人が心から誠実に向き合うなら,このエネルギーフィールドがその後の二人の人生の限界を超えていく力を与えてくれるでしょう。本当の幸せやスピリチュアルな成長への最大の可能性がここにあります。・・・・”

山.jpg


posted by spica-9 at 13:12| Comment(0) | 日記

2017年02月02日

自分の体の声を聴く

久しぶりに吉和のヨガ教室に行ってきました。
指導者のもとに仲間と共に楽しく心身を伸ばしていきました。

「今の自分の身体の様子を感じてください。」

指導者の下に行うと普段,自分でも見過ごしている部分の体の声が聞こえてくるようです。
心身共にリラックスした気持ちの良い時間でした。

指導者の方は吉和在住の方です。

吉和は,山間部にある小さな集落ですが,この地で「ヨガ」を教えてもらうことができるとは「なんてラッキー」と思っています。

私が思うのですが,吉和は小さな集落ですが,それに似あった小さな規模ながら,あらゆる種類のものがあるところのように感じます。

この地に住み出して5年が過ぎましたが,まだまだ,私の知らない面がたくさんあると思います。これからも発見していきたいと思います。

乗馬.jpg


posted by spica-9 at 08:37| Comment(0) | 体に優しいもの

2017年01月31日

「瞬間」に生きるとは?

11月のマイケルのセミナーでは,「瞬間に生きる」ということについて強調されましたが,
それは,今の私にとっても,おそらく大勢の人たちにも必要なことだと思います

瞬間に生きていなかったら,潜在意識から反応していることになります。
現役でバリバリ(?)仕事をしていた時の私は,「ある言葉やある内容」にかかわると
即刻,いつも同じ反応をしていました。
それは,潜在意識からの反応でした。
その反応は「怒りの感情」を伴うものでした。
実は,その反応の根底には深いものがあったのですが,それに気づいたのは仕事を辞めてからです。
それは、エネルギーワーク、特にインナーチャイルドヒーリングを受けることで手放せました。

周囲の人々を見ていると,中には,かつての私のような反応を示す人たちがいます。

では,瞬間に生きるとはどういうことなのか,たとえば「聞く」という行為を通して,
マイケルが分かりやすくお話をしてくれています。

『「本当に聞く」と「今というパワー」につながる』
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12242892974.html
***********************************
多くの人は息を止めるよりも長く,思考を止められません。
しかし,考えながらでは本当に聞くことはできません。
    
あなたの聞いていることがなんであれ,それはいつもこの瞬間にあります。思考はあなたを,この瞬間から連れ去ります。瞬間へは向えません。
    
本当に聞いているとき,あなたはこの瞬間にいます。この瞬間は,素晴らしい場所です。
    
この瞬間には,愛,歓び,平安,叡智,新しさ・・まだまだありますが,こういったものは,この瞬間にしか見出せません。経験するには,あなたが十分に意識的であることが必要です。潜在意識からは無理です。
    
人々は一日の93%から99%を潜在意識で生きているといわれています。つまり,一日のほとんどを,意識して生きていません。十分に意識しているときのみ,本当に聞くことができるのです。潜在意識から聞けても,本当に聞くことはできません。
 
その違いはあなたの想像をはるかに超えるものです!
  
本当に聞くなら,耳を傾けるなら,この瞬間にあって,瞬間のパワーとつながります。今というパワーにつながります。
 
気づきの扉が開きます。
人々と,自分自身と,人生とのまったく新しい関係がもたらされます。
     
ただ,耳を傾ける,本当に聞く必要があります。
試してみてください。
 
いつも意識して愛の選択を!
Choose Love!
 
マイケル・ローズ
***********************************
P1263471.JPG
posted by spica-9 at 11:54| Comment(0) | 日記

2017年01月29日

愛と生きること

以前,「生きることは愛すること」という奥の深い言葉を聞きました。
しかし,その時点での私は,左脳で理解しようとしていました。

今私にとって,とてもタイムリーにこのメッセージが届きました。

マイケルのメッセージです。
『愛とは,意識して愛を選択し,愛を生きることなのです。』
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12242542176.html
***********************************
私たちは,自分の人生を自分で作り出しています。
私たちは,考え,その思考から感情や気持ちが湧いてきます。それはエネルギーです。
   
人類全体の思考は,地球から放射される広大なひとまとまりのエネルギーフィールドのようなものです。そして,太陽系のすべてに触れています。
 
人類の思考と感情の集合的エネルギーは,基本的に,否定的で,混乱や怒りと混ざり合っています。(もちろん,まったく異なる波長において,人類の愛も表現されています)
    
つまり,私たちは,毎日,毎瞬を,ハンディキャップを背負っています。そのハンディキャップとは,私たちも一部である人類全体の否定的なエネルギーフィールドのことです。
 
人類の健康についても,この全体的なエネルギーフィールドは,私たちの重荷となっています。
特に精神面,メンタル面で,です。
     
私がここで伝えたいことは,意識して生きない限り,あなたは全体的な人類のエネルギーフィールドを漂うことになり,人類の集合的エネルギーがあなたの混乱,怒りに反映されることになります。
   
「選択する人生を生きる」ために,あなたは,日々の生活で,その選択を意識し,その選択に焦点をあてる必要があります。
 
私が愛の選択をというとき,それはあなたの愛の選択を実際に生きることを意味します。
愛を生きる,です。
 
愛の言葉を語るだけでは,愛ではありません。
愛は,毎瞬の表現です・・・ときどきの素晴らしい思考や言葉ではありません。
 
意識して愛を選択しましょう!
愛を生きるのです!
あなたは愛です!
 
マイケル・ローズ
***********************************
豊かさ5%.jpg
posted by spica-9 at 22:27| Comment(0) | 日記

2017年01月27日

「意識」の一つのとらえ方

私たちの意識は,この肉体の中にあるのではなく,肉体以外のところにあり,それは,次元の違うところにあるといわれています。
それは,肉体だけが,私たちではないということを意味します。

そこから,では,認知症という状態の「意識」はどのようになっているのかと,
ずっと知りたいと思っていました。

今回のマイケルのメッセージに少し,そのことが触れられています。

『メタフィジカルな側面が,3次元の肉体とバランスが取れていないことについて』
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12241890873.html?frm_src=favoritemail
***********************************


最近,5次元について記しましたが,もっと説明してほしい・・との連絡がありました。
 
一つ目は,メタフィジカル(非物質的・多次元的)な側面が,3次元の肉体とバランスがとれていないことについて。
 
二つ目は,3次元で自分が課した感情的制限・境界を押し広げることの大切さについて。
   
このことを説明するには1時間はゆうにかかりますが,やってみましょう。
 
まず,私たちは,メタフィジカルな存在です。
私たちにとっては物質的存在ですが,それは,氷山の一角にすぎません。
    
当然のことですが,物質的な体と,非物質的・多次元的な体の間にバランス・調和が必要です。
    
意識して生きるとき,バランスのとれた状態ですが,潜在意識的であるとき,バランスはとれていません。
    
また,あなたが,自分の思考,感情,行動においてあなた自身と調和があるとき,それは,ベストな状態です。
        
自分に対して批判的であったり怒りがあったりすると,よい状態とはいえません。
バランスがとれていないとき,物質的表現とメタフィジカルな表現の間を流れるエネルギーに調和はなくなります。
       
不調和がさらに悪化するとき,いわゆる認知症へと向かいます。
認知症を改善することはできますが,治癒はめずらしいことです。バランスが取れていないときに,もちろん,調和を見出すのは困難でしょう。
    
しかし,残念ながら,本当のところバランスの取れている人はあまりいません。かなり多くの人は,ひどくではありませんがバランスが取れていません。
 
意識して生きましょう。
内なる調和のために,いつも意識して愛を選択しましょう。
 
Choose Love!

(二つ目は次回掲載します)

マイケル・ローズ

***********************************

認知症は肉体の機能障害で,「意識」が肉体を通して表現できない,という状態なのかなと思いました。

だから,認知症の状態の人の意識は「無い」のではなく「そこにある」のだと思います。

そばで私たちが話していることも,自分にされていることも,実は本人にはわかっているのだと思います。

たとえ,本人が反応しなくても,優しく話しかけてあげることや優しく体を触ってあげることがとても大切だと思います。
秋の花2.jpg


posted by spica-9 at 20:34| Comment(0) | 日記

2017年01月26日

山口発地域ドラマ「朗読屋」

先週,NHKのテレビ番組
山口発地域ドラマ「朗読屋」がありました。
中原中也の詩を軸に,美しい風景と詩の朗読が響きあう,
ファンタジックで心温まる物語です。

ドラマの主人公たちが何回も語る言葉に共感しました。

「探せばある。あると思えばある。見つけられる人には,見つけられる。」

「どうしてもと思っている間は,なかなかほしいものは手に入らず,
気持ちを手離した途端,手に入る・・・・・。」


あまりにも思い一筋に固まってしまうとそれは,執着になり緊張が高まるのでしょう。そうなると望んでいるものも引き寄せられないということになるのだと思います。
だから,みつけられないものかもしれませんね。

ここでもリラックスすることが大切なのでしょうね。

P1263470.JPG


posted by spica-9 at 19:40| Comment(0) | 日記

2017年01月23日

『人生を怖れに支配させないと決めましょう』


このところ,世界各地で,今まではちょっと考えられなかったような事件が次々と起こっているように思います。

それらは,自分たちの遠い場所での出来事と思っている方も多いでしょう。

そういう私もそのように思っていましたが,つい最近ほんの近い場所で立て続けに
「えっつ?」という事件が起きました。

これは,あることを知らせていると感じました。

恐れを感じるような情報を受け取った時,私たちの受け取り方は大きく二つに分けられると思います。

一つは「恐れ」に振り回される人,もう一つは,何があっても動じない人。

私たちの周囲のエネルギーがどんどん変化しています。
ある意味,「振り分けられる」とも言われています。

振り分けられるといっても自分以外の「誰かが」がするのではなく,実は自分が自分を振り分けているのですが。
それは,自分がする「選択」で決まっていきます。

マイケルからのメッセージです

「人生を怖れに支配させないと決めましょう」
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12240388031.html?frm_src=favoritemail

***********************************
人生を恐れに支配させないと決めましょう。
恐れを解決する日です・・少なくとも,解決し始めましょう。
 
ある問題に対する恐れが,あなたの人生で大きな問題になるとき,それは,あなたの感情に訴えます。
 
一度,恐れが感情的なものになると,恐れを表すものが何であれ,あなたは,感情的な磁石になってしまい,恐れを引き寄せます。
 
恐れがただ消えることはなく,あなたが終わらさなければなりません。
  
恐れにしっかり向き合うと,恐れがあなたを支配できなくなります。
  
恐れに向き合い,見極め,行動する・・そして,信頼です!あなたへの。あなたの人生への信頼です。
     
恐れを長く持てばもつほど,あなたが恐れる状況をさらに引き寄せます。恐れと絶対的な愛の意識を,併せ持つことはできません。
 
恐れを手放しましょう。
 
恐れからではなく,愛から生きるのです。
今日,この日に,意識して愛を選びましょう!
 
Choose Love!
 
マイケルローズ
****************************************
並ぶ龍.jpg
posted by spica-9 at 19:11| Comment(0) | 日記

2017年01月16日

『3次元という制限を取り払い,意識して愛の選択を』

最近,心友の一人とメールのやりとりをしていて思ったことがあります。

「生きる」とは究極は自分を知る,自分と向き合うことなのだと。

自分と向き合う中で「自分を愛すること」が一番の基本だと思います。
当然のことなのですが,これに気づいていない,できていない人が
案外多いのではないでしょうか。

これを書いている私も自分を愛するとはどういうことなのかを
腑に落としつつあるところです。

一つの状況に出会ったとき,自分を愛していない時の自分の反応と
自分を愛するようになってからの自分の反応が違います。
もちろん自分が感じることも大きく違います。

私がマイケルのメッセージが好きなのは,このことに気づかせてくれるからです。



今回は,目の覚めるようなマイケルの広大なメッセージです。
転載します。
『3次元という制限を取り払い,意識して愛の選択を』
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12238227305.html?frm_src=favoritemail

***************************************
5次元について書いてほしいとよく言われますが,知的に5次元に関わるより前に,3次元をマスターすることのほうが素晴らしいと思います。
  
私たちには,3次元でのチャレンジがまだまだたくさんあります。
      
3次元はあなたの一側面に過ぎないこと,あなたの他の側面はすべて4次元のものであることを忘れないでください。
 
つまり,思考,感情,直感,想像力,フィーリング,個性,性格といったことすべては,4次元の側面です。
     
あなたは,3次元の存在であると信じ,そのため混乱している多次元の存在です。
 
事実,自身の非物質的な側面が,3次元の肉体と調和がとれないとき,認知症が様々な形で起きるのです。勿論,医療は否定するでしょう。だからと言ってその現実は変わりません。
        
私たちは,スピリチュアルに十分成長し,準備ができたとき,5次元の存在となるのです。
     
ですから,それまでは,あなたが自分で作り出した3次元での境界,制限,箱に気づき,
 
あなたの境界を押し広げる
あなたの制限を取り払う
あなたの箱から出て,あなたの意識を広げる
ことをお勧めします。
     
制限を取り払う,境界を押し広げるには,意識しないとできません。
ですから,いつも意識して,愛の選択を!
 
Choose Love!
 
マイケル・ローズ

**********************************
上る龍.jpg
posted by spica-9 at 08:28| Comment(0) | 日記