2017年06月20日

ある日の宇宙からのメッセージ

6月19日という日にちが1か月以上前からきていました。
何があるのだろうかと思っていましたが,以前から行ってみたかった
ひろしま県民の森に行くことに決めました。
偶然にも2〜3日前に知り合いが,今の県民の森の様子の動画をシェアしてくれていたのが飛び込んできました。(そんな風に感じました。)

ところが,当日朝,3時ごろから目が覚めて6時くらいまで眠れず,うとうとして
気が付いたのは7時。
出発を予定していた時刻です。

県民の森までは,高速を使ってノンストップで行けば2時間少々の所です。
でも休憩を入れて3時間の予定をしていました。
出かけるときは,いつも前夜までに準備をしているのですが,この日は準備も半分くらいしかしていませんでした。

眠いなあと布団の中でごろごろしていると「起きなさい」というような優しいメッセージが来ました。やはり,今日行く日なんだと意を決して準備に取り掛かり,2時間遅れの9時11分出発となりました。

県民の森.jpg


この911という数字に自信が湧いてきました。
(エンジェルナンバー,911の意味:あなたの思考は今まで以上のスピードで現実化
しています。思考を聖なる人生の目的に向け,望みにだけ集中し,どんな不安も疑念も天にゆだねて変えてもらってください。)

天気は快晴,中国道もすいていて,ドライブ日和です。
休憩をしながら,迷わずに県民の森に着いたのは12時前でした。
いつもは,どこか,些細なところで迷ってしまいます。

高速を降りてから,庄原の街から県民の森と熊野神社との分かれ道のところまで細い道もずっと後を走ってきていた大きなトラックがいました。

ふと,「ずっと昔,私の後ろをついてきていつも守ってくれていたことがあった」という感覚が湧いてきて涙があふれてきました。
まるで,「ここまで来たらもう迷わないだろう」というように感じてしまいました。

何だろうと不思議な感覚です。

白い道.jpg


県民の森は自然豊かな場所で,季節も新緑の美しい時。
ゆっくり散策をして過ごしました。
ここでも不思議体験をしました。
ここで「日帰り入浴」に入って帰宅しました。

スキー場.jpg


県民の森を出て,帰りは熊野神社方面へ行く「いざなみ街道」を走ってみました。
せっかくきたので,「同じ道ではなく違う道も走ってみよう」という「変化」を求める気持ちとなんだか朝のお礼をしたいという気持ちが湧いてきたからです。

しばらく走ると,山の上に天使の羽でできたような大きな十字架のような形をした雲が見えました。
「あっ,これでよかったんだ」と,今日の私の行動の締めくくりを感じました。

途中,またまた素敵な数字のメッセージも来ました。
帰宅したのが8時前でした。
不思議と,疲れていないのですね。

流れに乗って動くというのがこういうものだったという感覚を思い出しました。
今日一日,ありがとうございました。

水源の滝.jpg



「流れに乗る」,「タイミングをつかむ」など,
大きな目で見ると
すべては自分が創り出していることです。


昨年,11月に京都で開催された念願のマイケルのインテンシブセミナーに参加して,学んだことです。
それを創り出すために教えてもらったエネルギーワークがあります。
大きな目で見るとそれは自分の意識の状態を変えることなのですが。

そのエネルギーワークを今実践中ですが,自分の変化がわかります。

そのワークは,
一つは,「自分を愛する,自分を信頼する」ということ。
二つ目は「意識して毎日を過ごす=今という瞬間にいる」ということ。

自分の意識状態を変える,これは自分でしかできないことです。

「自分の人生を自分が創り出す」という感覚がわかってくると人生に対する見方や生き方が変わってくると思います。

エゴの花.jpg

posted by spica-9 at 10:40| Comment(0) | 日記

2017年06月17日

私たちのこの人生は

私たちのこの人生は,一度だけですが,実は,何度も人間に生まれてきている
可能性があります。
そして,それぞれの人生で果たす,実行することを決めてきていると言われています。それが何なのかは,自分で探すしかないのですが,ヒントは
自分が心から惹かれる,興味ある,してみたい,好きなことなどがにあると思います。

自分がするそのことを通して,人は自分の意識を成長させていくのだと思います。

マイケルのメッセージです。
*****************************
『あなたは永遠の魂です,それがあなたです』
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12284150428.html

上る龍.jpg
posted by spica-9 at 21:17| Comment(0) | 日記

2017年06月16日

夏至の日の同時の祈り

6月21日は夏至です。
1年中で昼が一番長い日ですね。
夏至は1年の中で,創造的生命力がピークに達する時だと言われています。
それは,自分の願望や夢が最大限に実現可能なエネルギー状態にあるといえるでしょう。

しかし,自分の願望や夢が自分を含めたすべての人たちや他の生命にとって最善でなければなりません。つまり,愛からの選択です。
そうでなかったら,それは,やがて自分に降りかかってくることとなるでしょう。

このところ,不順な天候,自然災害,人為的な災難など多くのことが噴出しています。
時代の変換期,つまり否応なくエネルギーの流れの変化が起きています。
この変化に抵抗をするのでなく,変化を受け入れていく姿勢も大切だと思います。

地球やすべての存在にとって自然に新しい時代に移行できるように愛を送りたいと思います。


夏至の日のこの創造のエネルギーの最高の時に
地球や全人類・すべての生命・創造物に愛を送る瞑想をします。

方法は,満月の日の瞑想と同じです。
**************************************
地球,全人類,全創造物の最善を意図して
愛をおくる瞑想・祈りを行います。
全宇宙に愛を送るととらえても良いです。

瞑想といっても,難しく考えないで,
祈りととらえてもよいです。
愛の状態がよくわからない方は,
楽しい時の状態をイメージしてみるといいです。

あなたのいるその場所で,いすにすわっていてもいいし,
畳の上に座られてもいいです。

軽く目を閉じ
そして,軽く背筋を伸ばし,
脚は肩幅に開き,
両手は太ももの上に
軽くおきます。

夜10時から10分間行います。
長くされたい方はそのまま
ご自分の良い時刻までしてください。

ご興味のある方はどなたでも参加できます。
どうぞご参加ください。
横向きの龍.jpg



posted by spica-9 at 21:08| Comment(0) | 満月の同時瞑想

2017年06月13日

『怒りについて』

怒りは誰しもが経験する感情ですね。

怒りは,反射的に湧き上がることが多いです。
それは,潜在意識からの反応なのですが。

怒りを抑えると,自分のなかにエネルギーがたまって,ある日大爆発を起こすか,または,体にどこか不具合を感じるか,そんな経験の繰り返しが多いのではないかと思います。私もそうです。

でも最近は,怒りを感じたことをその対象の人にできるだけ冷静に伝えるようにします。
自分の気持ちを伝えることである程度収まることがあります。

そして,もっと落ち着いてから,なぜ怒りがわいたのか自分の心の中を見るようにしています。そうすると,自分の思い込みがあったり,自分が気づかなかった弱点に気づいたりと,結局相手の人が原因ではなく,自分の中にあるものが浮き上がったということがよくあります。

************************************
マイケルのメッセージから
『怒りについて』
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12282700061.html

紫アジサイ.jpg
posted by spica-9 at 16:32| Comment(0) | 日記

2017年06月10日

魔法のような一日

今日は,かつて勤めていた職場の同期会でした。
一般道路を使うと3時間くらいかかるところが,高速道路でつながっている場所なので
なんと1時間ぐらいの時間で着きました。
つくづく高速道路は便利だと思いました。

毎年ずっと続いている会ですが,私は久しぶりに参加しました。
退職されている方々がほとんどですが,近況報告をしながら,皆さんの変わらず元気で明るい笑い声が響きほのぼのとした気分になりました。

あの頃,職場の人たちに教えていただきそして支えてもらい,今の自分がここにいると
感謝の気持ちが湧きました。
あの頃の自分はやはり「若かった」。
人生に対して謙虚な気持ちが湧きました。
こうやって人は成長していくのでしょうね。



そして,何年かぶりに会った知人が,本人の素敵な心の状態が素敵な人生を引き寄せているという見本のような話を(本人は気づいていないけれど)してくれました。
マイケルのメッセージそのものだと感じ,私にとって「魔法」のような一日でした。

素敵な出会いにありがとうございます。




今日のマイケルのメッセージ
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12282400468.html

豊かさ5%.jpg


posted by spica-9 at 20:30| Comment(0) | 日記

2017年05月31日

世界に影響を与える

マイケルのメッセージです。

『あなたが愛を生きることで、世界に素晴らしい影響を与えることができます。』 (訳 大亀安美)
http://ameblo.jp/michaelroads/entry-12279458188.html?frm_src=favoritemail
***********************************************************************************
質問です。「世界に影響を与えるにはどうすればいいのでしょう」この地球に生きるだけで、あなたは世界に影響を与えています。
   
すべてはエネルギーです。人類、自然、地球・・地球上にあるすべてがエネルギーです。すべての人間のエネルギーは一つです。
   
あなたがいつも否定的で、世界の情勢や人々の否定性を心配するなら、否定的なエネルギーを人類のエネルギー・意識に加えることになります。あなたは人類の意識に影響を与えています。
   
同様に、世界について肯定的であるなら、自然に、人類に美を見るなら、あなたは肯定的な影響を与えています。
  
私たちにできる肯定的な影響とは、日々、あなたや、あなたとつながる人たちが自由にのびやかに生きられるようあなた自身が生きることです。
    
あなたの思考に、心に、喜びと内なる自由があるなら、あなたの思考と、心が、人生への感謝と賞賛で満たされるなら、あなたは、世界をパワフルに高めるでしょう。
   
ですから、あなたが愛を生きることで、素晴らしい影響を与えることができます。勿論、あなたの人生も素晴らしく変わります。
いつも意識して愛の選択を!
Choose Love!
***********************************************************************************蓮田.jpg


posted by spica-9 at 18:56| Comment(0) | 日記

2017年05月30日

『この世界の片隅に』

先週,『この世界の片隅に』の映画をやっと見に行きました。
昨年のキネマ旬報1位を獲得した映画です。
見に行きたいとずっと思いながら今になりました。
これもすべてタイミングなのでしょう。

広島の江波と呉を舞台に戦前戦後の普通の人々の生活を描いたものです。

私の知っている「平和」をテーマにした中では,一見非常に地味な感じを受ける作品かと思います。

映画の最初の部分から,始まってもいないのに涙が流れてきて「なぜ,人間は人間を殺すのだろうか?」という素朴な思いが映画の終わりまでずっとありました。

そして,見終わってこの数日間頭の中を「人間の人生」「当たり前の日常」「平和」「幸せ」「生命」など様々なことについて思いが湧いてきました。

そんな時BSの「ワイルドライフ」で『アフリカカメルーン巨大なキバで戦う狩りバチ
に迫る』を観ました。
オスは強い子孫を残すために他のオスと戦ってメスを勝ち取ります。

また,マイケルの『愛の目を通して』(マイケル・J・ローズ著  大亀安美 訳 ナチュラルスピリット出版)では,マイケルが光の体で自然界のスピリットであるパンとアフリカのシマウマやヌー,ガゼルたちが捕食動物に襲われた時のエネルギーの動きを見ている時のことが書かれているのを読みました。

それには,捕食動物に襲われた時,群れの意識としてその種が生き延び続けるために
群れの中で生命力の弱いものを餌食として差し出されるエネルギーの動きがありました。
それは,人間の感情から見ると「むごい」と思ってしまいますが,それが自然界の中で決められていることのようです。

確かにいろいろな動物の種が均衡を保つためにお互いに捕食しあっているとも言えますね。
昆虫や動物の世界は本能というか自然界の習性でそのように作られている世界だと思います

では,「人間同士が戦うのはなぜ?」
「自分の主義主張を通すために」「自分の富を増やすために」「自分の欲を満足させるために」など原因を挙げればきりがないと思います。

動物と人間が違うところは,思考や知識,感情があるところだと思います。
あらためて人間は本能のままに戦うようには作られていない生命だと思いました。

そして,その思考や知識は地球の環境を守るためにそして,地球上のあらゆる生命の循環を守るために使うものだとあらためて思いました。
決して,動物たちの世界のように互いに戦うために使うものではないですよね。



観終わって,当たり前の日常がどんなにか素晴らしいものであり,これが幸せなんだとしみじみと感じさせてくれた映画でもあります。

最後の場面で,主人公が自分を見初めてくれた旦那様に「この世界の片隅に私を見つけてくれてありがとう」の言葉にとても胸が温かくなりました。


私の母は,呉で生まれ終戦までずっとその地で過ごしていたので,母から楽しかったことや戦争中の苦しかったこと戦後の悲惨な様子などをずっと聞かせてもらっていました。
この映画を観て,こういう感じだったのかなと追体験をしたような感じもありました。


この映画が,「クラウドファンディング」で作られ,たくさんの方々がかかわっているということをパンフレットで知りました。


あらためてこの映画がこの世界に登場したことにとても感謝します。
ありがとうございます。
ねむの木.jpg

posted by spica-9 at 17:09| Comment(0) | 日記

2017年05月23日

チャネリングと対話の違い

チャネリング,目に見えない多次元の存在との交信など,いろいろな表現があるかと思います。

私たちは,知らないうちに多次元との存在と会話をしていることがあるかもしれません。

一番身近な存在は,自分のハイアーセルフでしょう。


こういうことは,私自身,理屈がよくわかりません。
ただこういうことなんだと感じているだけです。

最近読んだマイケルの本に書かれていることがありました。

チャネリングと存在との対話はどう違うのか。
それによると,
チャネリングとは,異次元の存在がその人を通して他の人たちに伝えたいことを話すこと。
つまり,代弁をすることを目的とする。。

存在との対話はその人,個人に向けて話しかけていて,それは,自分で会話を作りあげているような状態。

マイケル自身は,チャネリングではなく対話をしているそうです。

このように分けて考えると,なるほどと思い当たります。

対話は,その存在と自分の意識が融合して,自分自身でもあるという状態なのかと思います。
ハイアーセルフとの対話がまさしくこの状態だと思います。


チャネリングにしても対話にしても,自分のその時の状態で,繋がる先の存在の意識が低い場合もありうるので,識別が必要だと思います。

8%.jpg

posted by spica-9 at 18:26| Comment(0) | 日記

2017年05月19日

多次元的に生きるとは?

多次元的に生きるとは?
私は,今のところ知識では,私たちは肉体だけの存在ではなく,肉体を超えたもっと大きな存在であり,それは,この世界だけではなく多次元にも存在しているととらえています。

しかし,これは,知識や考えることでわかることではなく,体験してみて初めて「そうなのか」と感じることだと思います。

たとえば,ハイアーセルフ(高次元の自分)とつながったり,肉体の目では見えない存在とコンタクトをとったりすることも多次元的に生きていることだと思います。

また,過去世も同時に存在していて,自分がそこに同時に生きていると言われます。


ふと,最近思ったのが,もしかして,これもそういうことなのかなと思いました。
二つ紹介してみます。

一つは,4月末に岡山の友達の紹介で,ある磐座のある場所に行った時のことです。
その場所へ連れて行ってくださった方は,そこに住んでおられる方です。
その方の先導で4人で祈りを捧げると,今までそよ風だったのが,頭上高く
「ゴー」という轟音が鳴り響き,頭上で風が渦を巻いているような感じを受けました。祈りの間中,その状態は続きました。

祈りが終わると同時に風はやみ,異口同音に4人から「すごい風でしたね。」という驚きの言葉が出ました。


二つ目は,最近行った満濃池でのことです。
満濃池のそばには,空海が創建した神野寺と神野神社があります。
それぞれの拝殿前に立って参拝をしているとき,地面が大きく波打っているのを感じて,体が揺れるのが分かりました。
実際には地面は揺れていませんでしたが。

もしかしたら,これが,瞬間的に異次元につながった,もしくは異次元をのぞいたということかなと思いました。

こういう体験は,以前から何度かありますが,これも多次元的に生きるということに関系があるのではないかと最近思い始めています。

このような体験はたくさんの方がされていると思います。
ただ,今の段階では説明のしようがなく,「気のせい」で済ます人も多いかもしれませんね。

そこには「気」があり,それが多次元とつながるヒントかもしれません。

この世界は,肉眼で見えるだけの世界ではなく,何重にも多次元が重なっている世界だと言われています。そして,それぞれの次元がお互いに影響を及ぼしあっているとも言われています。
剣山から.jpg
posted by spica-9 at 21:34| Comment(0) | 日記

2017年05月17日

同窓会

何年かぶりに会う,同窓生たち。

見た目は,私も含めて,みんな経た年月を感じさせます。

でも,話を始めると,会っていない年月を感じさせないような
親しみのある会話が飛び交いました。
そして,見た目はどこかへ行ってしまい,あの頃のままの個性が出てきて
やっぱり,「そうだね。」とみんなが,それぞれを感じ取ったようです。

でも違う部分は,心身共に「丸く」なったということです。

相手を受け入れる余裕がある,というのでしょうか。
若い頃には,感じられなかったものです。
それぞれにいろいろな人生を体験したことが察せられます。
でも,それを乗り越えて,今ここにいるという感があります。


そして,みんな,世間の定年退職を通り過ぎたばかり。

今,一休みをしてセカンドライフを模索中の人,すでに次のステージで
活躍している人などさまざまです。

集まることができたのは約3分の1の15名でした。

また,「次の機会もお互い元気で会いましょうね。」とあいさつをして別れました。

次は,中国地方のどこかの県かも?
横向きの龍.jpg
posted by spica-9 at 05:49| Comment(0) | 日記